漢方関連BOOK

現在、記載している価格は、税率変更前価格となります。
2014年4月1日以降は、価格が異なりますので、取扱い各書店にお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。
わが家の漢方百科
新井信・髙士将典/3200円(税別)/東海大学出版部
患者さんのニーズに応え、西洋医学、漢方医学にとらわれず患者さん全体を診る「日本型の統合医療」を知ってほしい――。そんな新井先生の思いが詰まった東海大学医学部付属病院の「漢方教室」。これまで延べ3000人近くが受講した人気の講義内容が本になりました。疲れ、ストレス、冷えなど身近な不調を改善するヒントが盛りだくさんの1冊です。
50歳からのつらい症状にはこれしかない!
「更年期」を元気に乗り切る方法

高橋浩子/1100円(税別)/ワニブックス
成長や老化にかかわる「腎気」がすり減って、カラダが老年期に代わるのが更年期。そんな時期だからこそ自分のカラダを観察し、体調をチェックして──。2年間で3000人以上の不調を診てきた著者が解説する更年期の指南書。症状チェックやタイプ別の漢方薬、養生法など、まさに“更年期を元気に乗り切る方法”が満載です。
更年期のつらい症状は漢方で治る
原田智浩/1,300円(税別)/現代書林
昔は「血の道症」と呼ばれていた更年期の症状。本欄で過去に紹介した『冷え症を治す!女性の悩みにやさしい漢方』にもあるように、原田先生は更年期の症状を、「血(けつ)」と「気」のゆがみによって生じるものと考えます。 本書では、のぼせ・ほてり、頭痛・肩こり、動悸・めまいなど、更年期に現れやすい症状に対し、事例を交えつつ有効な漢方薬を紹介。更年期を快適に過ごしたい、更年期が不安——。そんな人に手を差し伸べてくれる1冊です。
藪医 ふらここ堂
朝井まかて/1,600円(税別)/講談社
神田三河町で開業する小児科医の天野三哲は、「面倒臭え」が口癖で、朝寝坊はするわ、厄介な患者は診ないわという変わり者。ところが、ひょんなことから患者が集まるようになって__。直木賞作家が綴る、江戸時に実在した子ども専門の町医者の物語。ところどころに出てくる漢方のエピソードにもほっこりです。
「不眠」「野菜不足」「冷え」を改善!115歳が見えてくる “ちょい足し”健康法
今津嘉宏 /830円(税別)/ワニブックス
「人の寿命の限界と言われる115歳まで、健康に生きることも夢ではない」と謳う本書は、日々の習慣(それがたとえ健康に悪くても!)を否定せず、 少しだけ体にいいことをプラスするという、忙しい現代人にはうれしい内容に。健康を取り戻す・維持するノウハウがぎっしり詰まった一冊です。 漢方は睡眠に触れた第3章で登場。不眠の原因となるココロの問題には「気」の不調が関係するとし、漢方が効く理由などについて紹介されています。
冷え症を治す!女性の悩みにやさしい漢方
原田智浩 /1,300円(税別)/現代書林
健康とは円のようなもの。その円のゆがみが漢方でいうところの病気であり、へこんだ部分やはみ出した部分を補正していくのが漢方治療。本書では冷えを「カラダを温める力が不足するゆがみ」とし、体表の冷えと内臓の冷えなどと分類しています。それぞれの冷えに有効な漢方処方やその理論を、症例と共にわかりやすく解説しています。漢方医学をもう少し詳しく知りたい。そんな方にオススメの一冊です。
89.8%の病気を防ぐ 上体温のすすめ 名医が実践する新・体温健康法!
今津嘉宏 /1,100円(税別)/ワニブックス
外科医として平均睡眠時間2時間という過酷な生活を20年も続けていた今津先生。病棟で患者さんを診るなかで気付いたのが、「カラダを温めることの重要性」でした。本書では、カラダを温めることで予防できる病気や、お金、手間、運動いらずのカラダの温め方、漢方医学に基づく「舌診」のやり方などが紹介されています。最近、体調が・・・という方、まずは本書のメソッドでカラダを温めてみてはどうでしょう。
丁先生、漢方って、おもしろいです。
丁宗鐵・南伸坊 /1,400円(税別)/朝日新聞出版
「肺がんの疑い」のセカンドオピニオンを機に、主治医として丁先生に診てもらっている南さん。丁先生の口から飛び出す数々の意外な漢方論を、“そのまんま”まとめたものが、この一冊です。「漢方薬なんて・・・」と思っていた南さんが、漢方に魅了されていく。そんな丁先生の漢方ワールドをたっぷりお楽しみください。
病名のない診察室
豊田美加 /1,296円(税別)/ワニブックス
漢方を中心に診療を行う小さな診療所「くこ医院」に勤める、最愛の妻に先立たれた天才外科医と、ココロやカラダに小さな傷を抱える患者たちが織りなす数々のストーリー。NHK連続テレビ小説『カーネーション』や『ごちそうさん』など数多くの作品を手がける人気著者が描く、漢方をテーマにしたココロ温まる医療小説です。
30代までに絶対に知っておきたい卵子の話
金谷美加 /1,400円(税別)/WAVE出版
30、40代で子どもを産みたい。そんな女性に否応なしにつきつけられる「卵子や卵巣は年齢とともに老化する」という、つらい現実。本書は、不妊症や不育症の治療を専門とし、「卵巣年齢外来」を立ち上げた著者が提唱する、妊活中、妊活予定の女性に贈る卵子力UPプログラムです。漢方薬も「妊娠力を上げる」方法の一つとして紹介されています。
女子漢方〜つらい症状を改善〜
矢久保修嗣、木下優子、上田ゆき子 /1,365円(税込)/法研
冷え、むくみ、便秘や下痢……。女性を悩ませるさまざまな症状は、実は重要なサイン「未病」かもしれません。本書はこうした症状について漢方医学(治療や養生法)と西洋医学の両面から解説しています。自分に合った方法を見つけて、つらい症状を改善させませんか!
40歳からの女性の不調にやさしく効く漢方の本
松村圭子(著)/1,260円(税込)/日東書院
仕事に、家庭に、プライベートに、何かと忙しい40代の女性。その一方で、女性ホルモンの低下の兆しが見え始め、さまざまな不定愁訴を実感する時期でもあります。そんな40代女性の強い味方となるのが「漢方薬」。セルフケア中心の類書が多いなか、本書では漢方の本来の考え方や漢方処方を分かりやすく紹介しています。「治療としての漢方」を知りたい人におすすめの一冊です。
an・an特別編集 2013年版 漢方BOOK 働く女性に効く漢方
600円(税込)/マガジンハウス
「anan漢方BOOK」の第2弾。現代を生きる働く女性は毎日忙しく過ごし、さまざまなストレスにさらされています。女性特有の症状をはじめ、読者世代の親に向けて、認知症の周辺症状、がん治療に伴う症状なども名医の解説付きで紹介しています。東京、名古屋、大阪をはじめ全国12都市の女性医師リストも掲載。
あたため美人の冷えとりbook
カンタンアイディア73

渡邉賀子(著)/1,000 円(税込)/日本文芸社
女性にとって冷えは大敵。無理せずできる方法で改善できればうれしいものです。本書では、まずその人の「冷えタイプ」をチェック。自分に合ったシーン別冷え取りアイデアをたっぷり紹介しています。楽しく取り組んで、気がついたら冷えが取れて体が軽い!そんな「あたため美人」を目指しましょう。
自分でできることがいっぱい!
40歳から女性ホルモンを増やして若返る本

渡邉賀子(総監修)/880円(税込)/宝島社
大反響の、40歳からの女性の不調を治す「女性ホルモン」シリーズ第2弾。40歳は人生の折り返し地点!いつまでも若く、美しくいられるために、「自分でできる」方法とは?渡邉賀子先生が漢方の観点から徹底解説。女性医療に詳しい坂本伊豆美先生や美容家の吉川千明さんのアドバイスも必見です。
NHKきょうの健康 漢方薬事典
医師からもらう全148処方完全ガイド

嶋田豊(監修)/1,365円(税込)/主婦と生活社
1967年に始まった長寿番組「きょうの健康」。番組の内容をもとに新たな取材を加えて、構成・編集した本書は、58種類の症状・病気別漢方治療と、医師からもらう148処方について、漢方初心者にも分かるようにやさしく解説。一家に一冊置いておき、気になるときにサッと確認。そんな「事典」的な使い方がぴったりです。
「これ」だけ意識すればきれいになる。
自律神経美人をつくる126の習慣

小林弘幸(著)/1,365 円(税込)/幻冬舎
きれいな人は血流がいい。その秘密は「自律神経」にあった!数多くのテレビ番組に出演する著者が最新の医学データに基づいた、誰でも簡単にできるメソッドを「腸」「食」「運動」「体調管理」「生活習慣」「メンタル」といったテーマ別に紹介。漢方に造詣が深い著者だけに、病院の漢方も「体調管理」の章で登場しています。
妊活一年生 〜「いつか」産むために、「いま」から始めるカラダ準備〜
渡邉賀子・丸山綾(著)/1,000円(税込)/ワニブックス
妊活とはカラダの不調を治すこと。「産めるカラダ作り」で美養力アップ!漢方医&婦人科医が教える「産めるカラダを作る、妊娠準備BOOK」。
今すぐに子どもが欲しいわけではなくても、“いつかは子どもを産める”よう“妊娠力をキープ”しておくことは、女性にとって最強のアンチエイジングです。子宮やホルモンバランスを整えて、カラダの底から“美養力”を高めましょう!
日本人が知らない漢方の力
渡辺賢治(著)/798円(税込)/祥伝社新書
漢方ビュー人気コンテンツ「大橋マキの漢方徹底取材」に登場された渡辺賢治先生の著書。日本独自の医学「漢方」にいま世界中が注目していること、漢方薬はインフルエンザや抗がん剤の副作用対策など最先端医療の現場でも使われていること、そして実は「漢方」は存続の危機に瀕していること……。そんな漢方の真実がわかる一冊です。
ペン・プラス 日本で独自に発展した文化 漢方とは何か?
700円(税込)/阪急コミュニケーションズ
中国から伝わった伝統的な経験医学が、日本の風土に合わせ、独自の進化を遂げたのが、「漢方」です。
最新の漢方情報から、クリエイターが語る個人的体験、さらには、148種類の漢方薬ガイドや生薬の産地ルポまで、「漢方」を多角的に 網羅した一冊です。
化学物質過敏症を乗り越えて
中島菜穂子・萬谷直樹(共著)/1,000円(税込)/からだふぁん
「化学物質過敏症」は、さまざまな化学物質が原因で倦怠感や頭痛、めまいなど多様な症状が現れる病気。この病気でココロとカラダの調子を大きく崩した中島さん(著者)は、漢方治療をきっかけに普通の生活を取り戻しました。本書では発症から回復までの経緯や中島さんが実践する生活の工夫などが分かりやすく紹介されています。
ドクターコラムでは、「化学物質過敏症」の解説や「漢方薬のはなし」を萬谷先生が解説。
詳しくはこちら http://karada.fan.coocan.jp/book/
体を温めると美人になる
渡邉賀子著/1,365円(税込)/幻冬舎
“美肌”も“引き締まった体”も、冷えを治し、血めぐりを良くすることから。漢方・冷え症の専門医が教えるタイプ別の冷えと、さまざまな冷え体質を改善するライフメニュー。元気いっぱい!ヘルシー美人を目指す人には必携の一冊です。
温め、流し、排出する この3段階で若返る!「血流美人」
赤澤純代著/1,260円(税込)/ワニブックス
生理痛、冷え症、シミ、シワ、たるみ……。女性を悩ませるさまざまな不調は血流の悪さが原因。女性外来で多くの女性を診療するドクターが、食事や入浴法、マッサージなどの「養生」と「漢方」を組み合わせた「血流改善プログラム」を紹介します。
an・an特別編集 漢方BOOK「ココロとカラダに効く漢方」
600円(税込)/マガジンハウス
働く若い女性特有のカラダの不調には医師に診察してもらい処方してもらう漢方を。20〜30代の女性に向けた“漢方との正しい付き合い方”を解説したムックです。
西洋医がすすめる漢方
新見正則著/1,050円(税込)/新潮選書
著者はオックスフォード大学で博士号を取得したバリバリの西洋医。
「漢方なんてうさんくさい」と思っていた著者が、さまざまな患者との出会いのなかで発見し、実感していった漢方薬の魅力を語り尽くす。「漢方って本当はどうなの?」 そんな疑問をお持ちの方にこそ、読んでいただきたい一冊。
漢方で劇的に変わるがん治療
星野惠津夫著/1,260円(税込)/明治書院
がんの専門施設である癌研究会有明病院で、たくさんのがん患者さんに向き合っている著者。
西洋医学だけでは対処が難しい患者さんに対して、漢方は何ができるのか。全てのがんの患者さんに勇気をくれる一冊。
女性に劇的、漢方薬 (1)〜(3)
益田総子著/各1,680円(税込)/同時代社
さまざまな患者のエピソードを綴る「女性に劇的、漢方薬」シリーズ。
月経痛や不妊症、マタニティブルーなど、「女性専用漢方薬」をテーマにした(1)に続き、不定愁訴や皮膚の病気を克服した9人の女性が登場する(2)、漢方診療を通じて知った12人の女性の人生のいろいろを紹介した(3)も刊行。
不思議に劇的、漢方薬
益田総子著/1,680円(税込)/同時代社
漢方薬に「恋」をした著者(医師)が経験した、「漢方薬の劇的な効果」の数々。
自律神経失調症、喘息、ニキビ・・・長年、悩んでいた症状がスッキリとれて、元気と自分らしさを取り戻した患者と、著者との診察室での心温まる話が満載。「知って楽しい漢方薬一覧表」付き。
漢方が効く 北大名誉教授30年のカルテから
本間行彦著/1,470円(税込)/北海道新聞社
漢方の効果を十分に発揮するために必要なのが、「証」という診断方法。この「証」はどのように診断されて、どんな漢方薬が処方されるのか。30年間、漢方に関わり続けた著者が、これまでに経験した症例をもとに、証に基づく治療が導く驚くべき漢方の力を紹介。
漢方の知恵でポジティブ・エイジング
木村容子著/777円(税込)/日本放送出版協会
歳をとること(エイジング)は自然現象。抵抗するのではなく、漢方の知恵を借りながら積極的(ポジティブ)に対処しようという本書。養生の基本や疲れやすい、老化太り、更年期、物忘れなど、年齢と共に訪れるさまざまな悩みの養生法を実例を交えて解説。
尿のトラブルがまんしていませんか?
女性の悩みを最新治療で解消

関口由紀著/1,300円(税込)/講談社
なかなか人に言えない「尿もれ」や「頻尿」。
本書ではこうした症状が起こる原因、自宅でのケア、漢方薬をはじめとする保存的治療法、外科手術などを分かりやすく解説。また、医療機関の選び方もアドバイスしている。尿のトラブルを抱える女性の心強い一冊。
漢方で健康美人になる20の方法
木村容子著/1,470円(税込)/実業之日本社
英国留学中に出会った漢方に魅せられ、キャリア官僚から医学の道へと転身した著者が「漢方的スローフィットネス」を提唱。10年後、20年後も健康で美しくいられるための漢方の知恵と、いますぐ実践できるノウハウを季節ごとに紹介。
漢方小説
中島たい子著/1,260円(税込)/集英社
元カレが結婚すると知ったその日に、原因不明の症状におそわれた31歳、独身のみのり。彼女がたどり着いた先は、漢方診療所だった。とまどい、もがきながらも、やがて自分への答えを見つけだしていく。第28回すばる文学賞受賞。
女性ホルモン塾
対馬ルリ子・吉川千明著/1,470円(税込)/小学館
女性に起こるさまざまな心身の不調は、実は女性ホルモンのバランスの乱れが原因だった。婦人科医と美容専門家が低用量ピルや漢方薬、アロマセラピー、サプリメント、マッサージなどによるホルモンバランスを整えるとっておきのケアを紹介。
漢方は女性の健康をたすける
天野恵子・花輪壽彦編/1,575円(税込)/岩波書店
女性にとって漢方は強い味方。本書では女性のライフサイクルごとに訪れる症状に用いられる漢方薬の基礎知識を解説。漢方薬の処方を受けられる主な医療機関リスト付きなので、漢方について知りたい人、一度治療を受けたい人にはおすすめの1冊。