生薬辞典

黄柏

オウバク

日局

生薬ラテン名PHELLODENDRI CORTEX

基原
ミカン科(Rutaceae)のキハダ Phellodendron amurense Ruprecht 又は Phellodendron chinense Schneiderの周皮を除いた樹皮
主要成分
アルカロイド、苦味、成分、ステロイド
薬能
殺虫作用。胃腸の炎症性病変、熱感を伴う下痢、有熱性の疾患による目の熱感、充血を伴う痛みを治す。(一本堂薬選)
主な配合漢方薬
黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)、七物降下湯(シツモツコウカトウ)、半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)など
このページのTOPへ