生薬辞典

黄連

オウレン

日局

生薬ラテン名COPTIDIS RHIZOMA

基原
キンポウゲ科(Ranunculaceae)のオウレンCoptis japonica Makino、Coptis chinensis Franchet、Coptis deltoidea C.Y. Cheng et Hsiao又はCoptis teeta Wallichの根をほとんど除いた根茎
主要成分
アルカロイドなど
薬能
主として胸苦しく、煩悶し、動悸がするものを治す。みぞおちの痞え、嘔吐や下痢、腹部の疼痛も治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
黄連湯(オウレントウ)、黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)、三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)など
このページのTOPへ