生薬辞典

半夏

ハンゲ

日局

生薬ラテン名PINELLIAE TUBER

基原
サトイモ科(Araceae)のカラスビシャクPinellia ternata Breitenbachのコルク層を除いた塊茎
主要成分
フェノール類、アルカロイド、アミノ酸、その他(精油成分、シュウ酸カルシウムなど)
薬能
主として水分の停滞、代謝障害、嘔吐を治す。また、胸痛、下から胸腹部につき上げるような痛みを治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
小青竜湯(ショウセイリュウトウ)、半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ)、半夏瀉心湯(ハンゲシャシントウ)、半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)など
このページのTOPへ