生薬辞典

麦門冬

バクモンドウ

日局

生薬ラテン名OPHIOPOGONIS TUBER

基原
ユリ科(Liliaceae)のジャノヒゲ Ophiopogon japonicus Ker-Gawlerの根の膨大部
主要成分
サポニン、フラボノイド、その他(糖類など)
薬能
煩わしい熱感を治し、咳嗽を止め、熱性、乾性の症候を改善する。(一本堂薬選)
主な配合漢方薬
温経湯(ウンケイトウ)、炙甘草湯(シャカンゾウトウ)、辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)、麦門冬湯(バクモンドウトウ)など
このページのTOPへ