生薬辞典

白朮

ビャクジュツ

日局

生薬ラテン名ATRACTYLODIS RHIZOMA

基原
キク科(Compositae)のオケラ Atractylodes japonica Koidzumi ex Kitamuraの根茎(和ビャクジュツ)又はオオバナオケラ Atractylodes macrocephala Koidzumi (Atractylodes ovata De Candolle)の根茎(唐ビャクジュツ)
主要成分
セスキテルペノイド、ポリアセチレン化合物、水溶性成分など
薬能
主として水分の偏在、代謝異常を治す。したがって、頻尿、多尿あるいは小便の出にくいものを治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
帰脾湯(キヒトウ)、滋陰至宝湯(ジインシホウトウ)、二朮湯(ニジュツトウ)、人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ) 、半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)など
このページのTOPへ