生薬辞典

防風

ボウフウ

日局

生薬ラテン名SAPOSHNIKOVIAE RADIX

基原
セリ科(Umbelliferae)のボウフウ Saposhnikovia divaricata Schischkinの根及び根茎
主要成分
クマリン類、クロモン誘導体、ポリアセチレン類、多糖など
薬能
関節が痛みこわばるもの、偏頭痛、眼が赤く充血(結膜炎)、四肢がひきつれるものを治す。(一本堂薬選)
主な配合漢方薬
消風散(ショウフウサン)、大防風湯(ダイボウフウトウ)、釣藤散(チョウトウサン)、当帰飲子(トウキインシ)など
このページのTOPへ