生薬辞典

麻黄

マオウ

日局

生薬ラテン名EPHEDRAE HERBA

基原
マオウ科(Ephedraceae)のEphedra sinica Stapf、Ephedra intermedia Schrenk et C.A. Meyer又はEphedra equisetina Bungeの地上茎
主要成分
アルカロイド、多糖類、フラボノイド、その他(タンニンなど)
薬能
主として喘息様の呼吸困難、咳嗽、浮腫を治す。また、悪寒の弱いものや強いもの、汗が出ないものも治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
越婢加朮湯(エッピカジュツトウ)、神秘湯(シンピトウ)、麻黄湯(マオウトウ)、麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)など
このページのTOPへ