生薬辞典

忍冬

ニンドウ

日局

生薬ラテン名LONICERAE FOLIUM CUM CAULIS

基原
スイカズラ科(Caprifoliaceae)のスイカズラLonicera japonica Thunbergの葉及び茎
主要成分
タンニン、イリドイド配糖体など
薬能
利尿作用。諸種の腫れもの、梅毒、疥癬などの化膿性皮膚疾患、尿路の炎症性疾患に用いる。(一本堂薬選)
主な配合漢方薬
治頭瘡一方(ヂヅソウイッポウ)
このページのTOPへ