生薬辞典

竜骨

リュウコツ

日局

生薬ラテン名FOSSILIA OSSIS MASTODI

基原
大型ほ乳動物の化石化した骨で、主として炭酸カルシウムからなる
主要成分
炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、その他(無機物質、有機酸、アミノ酸など)
薬能
主として下腹部の動悸を治す。また、神経過敏なもの、遺精、夢精なども治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)、柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
このページのTOPへ