生薬辞典

芍薬

シャクヤク

日局

生薬ラテン名PAEONIAE RADIX

基原
ボタン科(Paeoniaceae)のシャクヤクPaeonia lactiflora Pallasの根
主要成分
モノテルペン配糖体、その他(タンニンなど)
薬能
主として(筋肉が)硬くなってひきつれるものを治す。腹痛、頭痛なども治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
黄耆建中湯(オウギケンチュウトウ)、桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)、芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)、小建中湯(ショウケンチュウトウ)など
このページのTOPへ