生薬辞典

地黄

ジオウ

日局

生薬ラテン名REHMANNIAE RADIX

基原
ゴマノハグサ科(Scrophulariaceae)のアカヤジオウ Rehmannia glutinosa Liboschitz var. purpurea Makino 又はRehmannia glutinosa Liboschitzの根(乾ジオウ)又はそれを蒸したもの(熟ジオウ)
主要成分
イリドイド配糖体、ステロール、糖・糖アルコール、その他(アミノ酸など)
薬能
主として血液に関連して起こる種々の症候、水分の代謝・循環障害に関連して起こる種々の症候を治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)、三物黄芩湯(サンモツオウゴントウ)、人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ) 、八味地黄丸(ハチミジオウガン)など
このページのTOPへ