メニュー

朝は鏡の前であっかんべー?舌でわかる健康状態

はるか昔から行われていた舌のチェック

漢方医学で健康状態をみるために古くから行われてきた「四診(ししん)」。
顔色や表情、態度、姿勢、体形などを診る「望診(ぼうしん)」、声の大きさや話し方、痰のつまり方などを診る「聞診(ぶんしん)」、自覚症状やライフスタイル、過去にかかったことのある病気などについて質問する「問診(もんしん)」、カラダに触れてその様子を確認する「切診(せっしん)」があり、この中の望診のひとつとして、舌の様子から健康状態を探る「舌診(ぜっしん)」があります。
今のような画像検査や血液検査ができなかった昔は、舌診やおなかをみる腹診、脈をみる脈診とともに重要な役割を果たしてきました。
以前、舌の話題として、『舌の色で「太りやすさ」をチェック!おすすめダイエットレシピ3選』をご紹介いたしましたが、今回はこの舌診を、毎日できる身近な健康チェック法としてご紹介しましょう。

舌のサイドに歯形がついていた場合は……?

舌は、昔から内臓(とくに胃腸)の変化を示す「ものさし」として考えられてきました。そしてその状態を、漢方医学でいう「気・血・水(き・けつ・すい)」や「虚・実(きょ・じつ)」の異常と結び付けて、治療(漢方処方など)の目安にしていました。
例えば、舌がぷっくらしていて脇に歯形(歯痕:しこん)がある場合、「気」という体のエネルギーが不足している「気虚(ききょ)」や、むくみが出ている「水滞(すいたい)」の可能性があり、舌の裏側の血管(舌下静脈)が黒っぽく膨らんでいる場合は、全身の血流が悪い「瘀血(おけつ)」の可能性がある……というふうにみていきます。
ちなみに、健康的な舌は淡い紅色で、表面はなめらか。舌苔(ぜったい:舌の表面にできる苔のようなもの)はないか、あるいは薄くついている程度で、舌の裏の血管は静脈がうっすらと見ているもの。
毎日観察して、自分のベストの「」の状態を知っておくことも大事かもしれませんね。

鏡でチェックしてみよう! あなたの舌はどう?

セルフチェックの仕方は極めてカンタン! 鏡の前であっかんべーをして、舌の様子を観察するだけです。色や形、大きさ、質感のほか、舌苔の有無や、舌の裏側の状態などもチェック対象になります。あなたの舌はどうですか?

<舌のセルフチェック表>

舌が白っぽい 貧血やむくみ、エネルギー不足
舌が赤っぽい 発熱
舌が腫れぼったい むくみ、エネルギー不足
舌の表面にひびが入っている 脱水、慢性的な体調不良
舌の脇に歯形 エネルギー不足、イライラ
舌の表面に舌苔が厚い 暴飲暴食
舌の表面がツルツル 貧血
舌の裏側の血管が赤黒く膨らんでいる 血行不良

舌でわかるSOSサインを見逃さないことが大事

健康状態がわかったらチェックしっぱなしではなく、それに応じたケアをしてあげること。冷えがあったら、カラダを温めるようなライフスタイルに変える、胃腸に問題がありそうなら、暴飲暴食は避けて、食事の内容に気を付けるなど、舌からわかるSOSサインにきちんと答えてあげることが大切です。
朝起きたとき、歯を磨く前に、簡単に健康状態をチェックできる舌診で、毎日を健やかに!


※ちなみに、コーヒーや赤ワイン、ミカンなど着色しやすい食べものや飲みものを摂ったとき、熱い食べもの・飲みものを摂ったときは、舌に影響が出てしまうので、そういうときはチェックを控えがほうがよさそうです。


※漢方医学で舌診をするときはさらに詳しく病態をとらえます。また舌診を行わないケースもあります。

こちらも参考に!

舌の色で「太りやすさ」をチェック!おすすめタイエットレシピ3
https://www.kampo-view.com/kvnews/article/222

私に合う漢方薬の見つけ方
http://www.kampo-view.com/shirou/order.html