メニュー

今年も来ました「スギ」の季節。今年の傾向と対策は?

今年も来ました「スギ」の季節。今年の傾向と対策は?

今年はズバリ、「メリハリ型」飛散。西日本は要注意

今年もやってきました、あの嘆かわしい花粉症の季節。
日本気象協会の予報(第3回。1/17日発表)によると、今年のスギ花粉の飛散開始時期は、「全国的に例年並み、つまり2月上旬には九州北部・中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンが始まる」とのこと。
関東地方は2月中旬、東北地方は3月に入ってから花粉シーズンへ突入する見込みです。
花粉の量・ピークなどの傾向については、ウエザーニューズ社が独自に分析。
飛散量は、夏の猛暑の影響を受けた西日本で3年ぶりに「大量飛散」!!! 場所によっては4倍〜10倍。それ以外の地域では、昨年並みか、若干多めの飛散量になると予測しています。
また、昨年のような飛散がだらだらと続く感じではなく、一気に舞って一気に落ち着く「メリハリ型」になるとのこと。それは少し朗報かもしれませんね。

今年はズバリ、「メリハリ型」飛散。西日本は要注意

早めに始める「初期療法」の効果は実証済み

ところで、花粉症治療&ケアの鉄則といえば、「早めの開始」。
セルフケアではマスクゴーグルメガネなどはそろそろ用意が必要かも。

早めに始める「初期療法」の効果は実証済み

一方、花粉症の薬は花粉が飛び始める前、あるいは症状が出始めて間もない時期から治療を始める「初期療法」が有効であることが実証されています。
九州北部・中国・四国・東海地方の人は2月に入ったら、関東地方は2月上旬、東北地方は3月に入る前に始めておいたほうがよさそうですね。
とくにこの時期は、風邪などの患者さんと相まって、アレルギー科や耳鼻科が混雑しがち。
なかなか診察してもらえないでイライラ……ということにならないためにも、早め早めの対応で、万全を期しましょう。

治療法が多様だからこそ自分に合うものを!

花粉症に関するインターネット調査によると、「集中できない」人が約6割、「勉強や仕事や家事にさしさわる」人が約5割。そして約9割の人が「処方薬の効果が感じられた(非常に感じた・やや感じた)」といいます。
現在、花粉症で使われている薬は、症状を抑える抗ヒスタミン薬漢方薬、体質を変える舌下療法、局所に効かせる点鼻薬点眼薬レーザー治療など、さまざまです。
飲み薬では副作用が出にくいタイプの薬も出ています。
花粉症は、命に係わる重い病気ではありませんが、QOL(生活の質)を下げてしまえば、ストレスにもなります。自分に合った方法を、医師や薬剤師と相談しながらチョイス。この時期を快適に乗り切りましょう。

治療法が多様だからこそ自分に合うものを!

Qlife「花粉症患者の受療・市販薬使用実態 調査結果報告書」参照
http://www.qlife.co.jp/news/170113qlife_research.pdf

こちらも参考に!

アレルギー性鼻炎・花粉症
http://www.kampo-view.com/nayami/kafun01.html

日本気象協会「花粉情報」
https://tenki.jp/pollen/

ウエザーニューズ「花粉ch.」
https://weathernews.jp/s/pollen/

的確な花粉症治療のために(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/kenkou/ryumachi/dl/kafun_chiryo.pdf