メニュー

今すぐとにかく揉んで!バストアップに不調改善も!!

揉むと美容効果満点なのは…脇の下!

ふと気がつくと、肩こりや頭痛があり、疲れた顔をしている…。最近、調子も見た目も悪い気がすると思うことはありませんか?
もしかすると、それは“リンパの滞り”が原因かも…。そんな時は、体のある部分をとにかく揉むことで、改善できるかもしれません。
今回は薬剤師である筆者が、リンパの滞りの解消、さらにはバストアップの効果にも期待出来る、そんな優秀なセルフケアをご紹介しましょう。

揉むと美容効果満点なのは…脇の下!

脇の下を揉むと、嬉しい美容効果が期待できます。
人の体には、全身にリンパ管が分布していて、その中に“必要な栄養素”と“不要な老廃物”が流れています。老廃物はリンパ液によってリンパ管を巡り、静脈に入った後に排泄されます。
また、リンパ節には白血球が集中して存在するため、外敵から身を守る働きもあるのです。中でも、特に詰まりやすい部分とされているのが、脇の下にある「腋窩(えきか)リンパ節」。ここが詰まってしまうと栄養が行き渡らず、老廃物の排泄の働きも免疫の働きも低下してしまいます。
残念なことに、リンパ管にはポンプの働きがありません。自然と循環を良くすることが難しい部分なので、手で揉みほぐしてリンパの滞りを軽減することが大切なのです。

腋窩リンパ節が詰まるとどうなるの?

腋窩リンパ節が詰まると胸、腕、脇から上の部分に栄養が行き渡らず、老廃物が蓄積した状態になります。この影響を受け、顔がたるみ、老け顔になり、二の腕は太くなりやすくなります。
また、リンパ管が多く存在する胸は新陳代謝が落ち、貧弱にもしてしまいます。その他にも、肩こり、頭痛、耳鳴り、めまいなどを起こしやすくなります。

老廃物もスルスル!? “脇の下”の揉み方

老廃物もスルスル!? “脇の下”の揉み方

  1. 手をグーにして脇にぐーっと10秒程力を加え、押しつけます。
  2. 次に、親指を脇に当てて残りの四本指で背中側をつかみます。そのまま腕の付け根から肩甲骨の下の方までほぐしていきます。10秒間隔で力を入れたり抜いたりといった動作を、左右交互に場所を少しずつ変えながら繰り返します。
  3. 最後に、親指以外の指を脇に当て、親指で胸の方をつかみます。胸筋をつまみ10秒程度力をかけて、その後力を抜いてという動作を、場所を少しずつずらしながら行っていきます。

1~3の動きを、3~5セット繰り返してみましょう。


脇の下を揉むことは、美容にも健康にもオススメなので、ぜひセルフケアでほぐし、リンパの流れを良くしてくださいね。

こちらも参考に!

頭が重い!頭痛対策で「薬剤師が薬の前にすること」4つ
http://www.kampo-view.com/kvnews/article/299

ギューッとあれを引っ張るだけ!「目の疲れ」を解消する方法
http://www.kampo-view.com/kvnews/article/196