メニュー

前歯に口紅がつく、口が臭い…それってもしかして?

前歯に口紅がつく、口が臭い…それってもしかして?

飲みものなしでクッキーが食べられない!

最近よく前歯に口紅がつく、唇が乾いてリップクリームが手放せない、クッキーは飲みものなしでは食べられない、口臭が気になる…。
こんな症状に心当たりのある人は、もしかすると、“ドライマウス”かもしれません。
ドライマウスとは、その名の通り口の中(口腔内)が乾燥した状態。上記の症状のほか、口の中がいつもネバネバする、喉が渇いてペットボトルが手放せない、会話をすると声がかすれてくる、舌が痛むといった症状などもあるそう。

飲みものなしでクッキーが食べられない!
ちなみに、「クッキーを食べると……」という症状は、クッキーに限らず、煎餅やクラッカーなど乾きものを食べるときも同様。海外では“クラッカーサイン”といって、ドライマウスの指標として知られているようです。

口を潤す唾液の量はなんと1日1.5リットル

ドライマウスは「唾液」の分泌が減ることで起こりますが、この「唾液」、じつはとても重要な役割を持っています。
主なものとしては、ご飯やパンなどのデンプンを糖に変える消化作用、むし歯や歯周病を予防する作用、ウイルスや細菌などに対する抗菌作用など。私たちが話したり、ものを食べたりするときだけでなく、消化や免疫の要の一つとして、存在しているんですね。
ちなみに、唾液は主に耳の下あたりにある耳下腺、下あごにある顎下腺(がくかせん)、舌の下にある舌下腺から分泌され、その量は1日で1.5リットルにもなるとのこと。
では、ドライマウスはなぜ起こるのか、その原因を見ていきましょう。

ドライマウスでフェイスラインが垂れる?

ドライマウスをもたらす原因は、主に「病気」「加齢」「ストレス」「筋力低下」「薬(放射線治療)の副作用」の5つ。
病気では、糖尿病や脳卒中のマヒ、自己免疫疾患のシェーグレン症候群などが挙げられます。薬やがんの放射線治療の副作用の場合も含め、自分では改善できないものですので、医療機関の受診やかかりつけ医への相談が必要です。
加齢も、唾液を分泌する耳下腺などの機能の低下、噛む筋力の低下などで起こります。
一方、セルフケアが可能なのは、筋力低下やストレスによるドライマウス
筋力低下は、噛む筋肉の低下で唾液が出にくくなるのが原因。筋力の低下は表情筋にも影響し、口角やフェイスラインが徐々に垂れたり、口元が乾燥してシワが増えたりする要因にもなるので、ここはしっかりケアをしておきましょう。
ストレスは、交感神経が優位になって唾液の分泌が減少することが要因。ストレスマネジメントをしっかりすることが、予防につながります。

ドライマウスを改善するセルフケアと治療

ドライマウスを改善するセルフケアと治療

ドライマウスを改善するためには、噛む筋力をアップさせることが大事。
口はできるだけ閉じる(鼻呼吸をする)」「歯ごたえのある食べものを積極的にとり、よく噛む」「人とおしゃべりをする」といったことが役立ちます。
それでも「口が渇いてつらい」という人は、人工唾液などによる対症療法や漢方薬を用いた治療もあるので、一度、医療機関を受診してもいいかもしれません。

こちらも参考に!

<ドライマウス研究会>
http://drymouth-society.jp/

<漢方ビュー>
どうして女性はイライラしやすいの?
http://www.kampo-view.com/woman/mechanism/iraira.html

ストレス社会で働く女性にとって、貴重なアドバイスです。
http://www.kampo-view.com/interview/woman/saotome.html