悩み別漢方

月経困難症・月経痛

月経困難症・月経痛のまとめ

<月経困難症・月経痛とは>

月経時に生じる痛みや不快感のうち、痛み止めを飲んだり、寝込んだりしなければならないなど、日常生活に支障をきたすほど症状の重いものを、「月経困難症」といいます。

<月経困難症・月経痛の治療>

漢方医学の視点

月経痛や月経困難症は、主に血液や血液循環の異常で起こるととらえています。「血」の異常のうち、血行が滞って血行不良になる「お血」には駆お血剤、血液が不足した「血虚(けっきょ)」にはそれを解消する漢方薬を用いて、血の異常を治し、月経痛を和らげていきます。器質性月経困難症の場合は、原因になっている病気の治療と並行して漢方治療をしていくこともあります。

<病院での診察>

月経痛・月経困難症では、子宮筋腫や子宮内膜症など、大きな病気が背景にある可能性もあります。漢方薬での治療を希望する場合も、事前に必ず西洋医学的な検査を受けるようにしましょう。

月経困難症・月経痛のメカニズム

機能性月経困難症の痛みの原因は、子宮の強い収縮、骨盤内のうっ血、自律神経の乱れなどが挙げられますが、そのなかでも主たる原因と考えられているのが、子宮の収縮です。月経になると、プロスタグランジンという生理活性物質が子宮内膜で作られます。この物質が子宮の平滑筋という筋肉を強く収縮させることで、要らなくなった子宮内膜がはがれ、外に排出されます(これが月経です)。このときの収縮が過度だったり、収縮に対して過敏だったりすると、それが原因で痛みとして感じてしまうのです。
子宮が未発達で子宮口(月経血の通り道)が狭い場合や、子宮後屈など子宮の位置が正常ではない場合は、とくに痛みが起きやすいようです。
一方、器質性月経困難症の痛みの原因は、病気によって異なります。例えば子宮内膜症の場合、正常な人よりプロスタグランジンが過剰に出ることがわかっています。このため、子宮の収縮が強まり、痛みを引き起こします。

器質性月経困難症と機能性月経困難症の違い

原因 年代 痛みの特徴
器質性
月経困難症
子宮筋腫、子宮内膜症、子宮の炎症など 20代後半から30代ぐらいから始まる 年々、痛みがひどくなる、 月経中、痛みが続く、 月経過多などを伴う、など
機能性
月経困難症
とくになし 若い人に多い。妊娠や出産を機になくなることがある 月経前から始まり、月経の初日や翌日ぐらいまでに治まる

月経困難症・月経痛の薬物治療、非薬物治療

機能性、器質性のいずれの場合も、痛みに対しては痛み止め(非ステロイド性鎮痛薬)を用います。この薬にはプロスタグランジンの産生を抑える働きがあります。痛みに対しては大変よく効きますが、ほかの症状にはあまり効きません。また、人によっては胃腸障害(胃腸の炎症や潰瘍)を起こすこともあるので、注意が必要です。
器質性月経困難症では、痛み止めなどの薬物療法と並行して、原因となっている病気を治していくことになります。治療法には手術、ホルモン療法(ホルモン薬の注射や点鼻、経口服用する治療)などがあります。
月経困難症は冷えやストレスなどで悪化します。月経が始まる前くらいから、生活の仕方に気を付け、ストレスを溜めないようにゆったりとした気持ちで過ごすようにしましょう。おなかや下半身の冷え対策も忘れずに行いたいところです。

月経痛対策

  • ● 腰やおなか、足もとを温める
  • ● からだを締め付ける服は着ない
  • ● 軽くからだを動かして、血流をよくする
  • ● 腰まわりをストレッチする
  • ● リラックスして過ごす

漢方薬の治療

漢方医学では、昔から月経と女性の不調との関係について注目しており、月経が乱れる原因とその治療法について、さまざまな研究がなされてきました。実際、江戸時代の末期に漢方治療について書かれた本には、「婦人の病気を治すにはまず月経のことをよく聞くこと」との記述があります。
ちなみに、昔は月経のことを、月水、月信、月次、経行といい、月経痛を月信痛、経痛、痛経、血行腹痛などと呼んでいたようです。

漢方の考え方のひとつに、「気・血・水(き・けつ・すい)」という概念があります。これは、気・血・水のバランスが取れている状態が心身共に健康であり、これらの1つ、あるいは複数が異常をきたし、3つのバランスが乱れると、病気や不健康な状態を招くという考えです。
月経痛や月経困難症は、主に「血」、つまり血液や血液循環の異常で起こるととらえています。血の異常には、血行が滞って血行不良になる「お血」と、血液が不足した「血虚(けっきょ)」があります。そこで、お血を解消する駆お血剤や、血虚を解消する漢方薬を用いて、血の異常を治し、月経痛を和らげていきます。器質性月経困難症の場合は、原因になっている病気の治療と並行して漢方治療をしていくこともあります。
月経痛、月経困難症における漢方治療の目的は、お血をとることにありますから、1剤で痛みだけでなく、お血によってもたらされるさまざまな不快症状、不調も一緒に改善されることも少なくありません。これが西洋薬と大きく違う点といえるでしょう。

漢方薬を処方する際は、漢方医学に基づく診察を行います。痛みなどの症状はもちろんのこと、その人の体質なども考慮した上で、その人に合った漢方薬が決まります。
例えば、体格がよく、病気に対する抵抗力が強い「実証」タイプの人には、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)が、細くて色白、病気に対する抵抗力があまり強くない「虚証」タイプには、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)温経湯(ウンケイトウ)などがよく使われます。
精神的な症状が強い場合や、むくみを伴っている場合は、気を補う補気剤や水を調整する利水剤なども追加することもあります。

このほか、月経に伴う腹痛に芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ)が使用されることもあります。

月経痛や月経困難症に使用される漢方薬

桃核承気湯 体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちな方の月経困難症、月経痛など
桂枝茯苓丸 比較的体力があり、のぼせて足冷えなどのある方の月経不順、月経異常など
当帰芍薬散 体力虚弱で、冷え症で貧血の傾向がある方の月経異常、月経痛など
温経湯 体力中等度以下で、手足がほてり、唇がかわく方の月経不順、月経困難など
加味逍遙散 体力中等度以下で、のぼせ感があり、精神不安やいらだちのある方の月経不順、月経困難など

漢方の診察では、独自の「四診」と呼ばれる方法がとられます。一見、ご自身の症状とはあまり関係ないように思われることを問診で尋ねたり、お腹や舌、脈を診たりすることがありますが、これも病気の原因を探るために必要な診察です。 また、月経痛・月経困難症では、子宮筋腫や子宮内膜症など、大きな病気が背景にある可能性もあります。漢方薬での治療を希望する場合も、事前に必ず西洋医学的な検査を受けるようにしましょう。

*すべての医師がこの診療方法を行うとは限りません。一般的な診療だけで終える場合もあります。

【監修医師 伊豆美レディスクリニック 院長 坂本 伊豆美 先生】

悩み別一覧へ
ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ