悩み別漢方

冷え症(冷え性)

冷え症は女性に多い悩みのひとつ。成人女性の半数以上は冷え症で悩んでいるとも言われています。とくに手足の先など体の中心から離れた部分(末梢)や、腰が冷えると訴える場合が多いようです。
女性の場合は、食生活や月経の影響で貧血気味の人が多いことと、女性ホルモンの乱れから自律神経がバランスを崩しやすいことから、冷えが起きやすいと考えられていますが、最近では男性の冷え症も増えているようです。

冷え性のメカニズム西洋医学の考え方
漢方医学ではこう診る
監修医師
恒昭会藍野病院 内科
副部長
吉田 麻美 先生

兵庫県西宮市生まれ。1988年大阪医科大学卒業、第1内科入局。大塚敬節先生の弟子である大澤仲昭先生、近畿大学遠田裕政先生の門下である渋谷友宣先生より漢方を師事。 1991年、藍野病院に勤務。大阪医科大学第1内科漢方外来を兼務する。現在、藍野病院内科医長として糖尿病を中心に内科臨床を行いながら、週1回大阪医大第一内科で漢方外来を担当。

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ