悩み別漢方

食欲不振

食べたいけれど食べられない、食べる気がしないといった食欲不振の原因は、精神的なストレスによるもの、胃腸の機能低下によるものなどが考えられます。食欲不振が続くと体力が消耗して、疲れやすくなったり、貧血になったり、ますます体調を崩すことになりますので、できるだけ早い手当が大切です。また、食欲のない期間が長引いている、食べようと思ってももどしてしまう、やせてきたといった場合は、重大な病気が隠れている可能性がありますので、医師に一度、診てもらったほうがよいでしょう。

食欲不振のメカニズム西洋医学の考え方
漢方医学ではこう診る
監修医師
東海大学医学部専門診療学系
漢方医学准教授
新井 信 先生

1981年、東北大学薬学部卒業。1988年 新潟大学医学部卒業。医学博士。 医師、薬剤師。東海大学医学部東洋医学講座助教授。早稲田大学非常勤講師・客員研究員、 東京女子医科大学非常勤講師、新潟大学医学部非常勤講師、藤田保健衛生大学 医学部客員教授。 漢方専門医・指導医、内科専門医。日本東洋医学会評議員、日本漢方医学研究所 評議員など。著書に『症例でわかる漢方薬入門』(日中出版)。

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ