メニュー

知って納得!女性のカラダ

どうして月経不順になるの?

ストレスやダイエットで月経不順に

過度なストレスや無茶なダイエットで、月経がこなくなったという経験がある人も少なくないのではないでしょうか。では、どうしてストレスやダイエットで月経がこなくなるのでしょうか。そのしくみをご説明しましょう。

1.ストレスと月経不順・無月経 引っ越しや進学、就職、結婚などの生活環境の変化や、職場環境や人間関係の悩みなどで生じる精神的なストレスが原因で、月経不順や無月経(月経が来なくなること)になることがあります。
月経女性ホルモンの変化によってもたらされますが、この女性ホルモンの分泌をうながすためのホルモンをコントロールする視床下部は、ストレスに関係する自律神経にも関わっています。そのため、月経はストレスの影響をたいへん受けやすく、過度なストレスがかかると月経が遅れたり、早まったり、来なくなったりするのです。

2.ダイエット・肥満と月経不順・無月経 ダイエットで体重を急に落とすと、月経が来なくなることがあります。
極端なダイエットをすると、カラダに必要な栄養が十分に蓄えらず、栄養失調になります。カラダは生命を守ろうとするため、入ってきた栄養はそちらに重点的に使われるようになります。生殖機能は生命の維持とはあまり関係がないため、後まわしに。その結果、女性ホルモンがつくられにくくなり、月経不順や無月経になるのです。
ダイエットだけが月経不順の原因になるわけではありません。太りすぎも月経不順や無月経を起こします。脂肪細胞は女性ホルモンのはたらきを悪くしたり、ホルモンをつくり出す脳下垂体や卵巣のはたらきを弱めたりするからです。