女性の健康と漢方

月経サイクルで見る女性の体|漢方の正しい知識や漢方の魅力をご紹介いたします|漢方ビュー

  • 月経は女性の健康バロメータ
  • 排卵から着床までのながれ

月経は女性の健康バロメータ

妊娠をしていない健康な女性なら、必ずやってくる「月経」。旅行などのスケジュールを気にしたり、不快な症状が出たりと、なにかと面倒なことも多いものですが、月経はホルモンバランスが整っていることや、カラダが赤ちゃんを産める状態であることを知らせる、大切な「しるし」。むしろ月経の期間がバラバラだったり、量が異常に多かったり少なかったり、月経が来なかったりするほうが深刻です。「月経がきちんとくることは、健康だということ」と考えて、前向きにつき合っていきましょう。
女性のカラダはおよそ1カ月の周期(平均は28日)で変化を繰り返しています。健康な女性なら定期的に月経がくるので、それをもって「カラダの変化」を自覚していることでしょう。カラダの中では女性ホルモンや女性ホルモンにかかわるホルモンが、その時期に合わせて増えたり減ったりしています。また、子宮や卵巣の状態も変化しています。
※ホルモンの種類とはたらきについてはこちら。

ホルモンの変化と基礎体温

1.卵胞期
月経開始日から14日目ぐらいまでの期間のこと。卵巣にある原始卵胞(女性が産まれつき持っている卵胞の元となる細胞)の1個から数個が、脳でつくられる卵胞刺激ホルモン(FSH)に刺激されて成長を始めます。
成熟した卵胞からは、女性ホルモンの一つエストロゲン(卵胞ホルモン)がたくさん分泌されるようになり、子宮の内側の組織、内膜が少しずつ厚くなっていきます。
2.排卵
血液中のエストロゲンの量が一定量を超えると、脳の視床下部から性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)が分泌され始めます。そして血液中のGnRHが一定量を超えると、下垂体から黄体刺激ホルモン(LH)が大量に分泌されます。このLHの大量分泌を合図に卵胞から卵子が飛び出し、排卵が起きます。個人差はありますが、卵胞期が始まってから2週間ぐらいで起こるとされています。
基礎体温を付けていると分かりますが、低温期から高温期に移るときに1日だけ体温がガクンと下がることがあります(陥落日)。この陥落日がLHの大量分泌と一致しているので、この翌日が排卵日にあたると考えられています。
3.黄体期
排卵後から月経が始まるまでの約14日間のこと。排卵して抜けがらになった卵胞は、黄体という組織に変わり、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンをつくるようになります。このプロゲステロンのはたらきによって子宮内膜はさらに厚く、やわらかくなり、受精卵が着床しやすい状態になります。そして受精しなかったとき(妊娠しなかったとき)は、この黄体が消失して、プロゲステロンがつくられなくなります。これにより内膜がはがれ、月経が起こります(卵胞期の始まり)。
プロゲステロンは体温を上げるはたらきもあるため、排卵後、基礎体温が上がり「高温期」と呼ばれる状態になります。
このページのTOPへ

排卵から着床までのながれ

排卵したあと、卵子は卵管を通って子宮に向かいます。その途中、卵管で子宮側からやってきた精子と出会って結合すると、それが受精卵となります。受精卵は受精後3~5日かけて子宮にたどり着くと、子宮内膜にくっつき(着床)、2~3日かけて内膜に潜り込みます。こうして妊娠が成立します。受精から着床までの期間は、1週間~10日と言われています。

排卵から着床までのながれ

このページのTOPへ
ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ