女性の健康と漢方

どうして月経不順になるの?|漢方の正しい知識や漢方の魅力をご紹介いたします|漢方ビュー

  • 思春期はむしろ月経不順がふつう
  • ストレスやダイエットで月経不順に

思春期はむしろ月経不順がふつう

月経が始まる(初経を迎える)のは、日本人の場合、10歳〜14歳ぐらい、平均初経年齢は12.3歳です(日本産婦人科学会の調べより)。
ただ、月経が始まったからと言って、すぐに月経周期が順調になるわけではありません。月経が始まったばかりのころは卵巣が未熟で、女性ホルモンの分泌も安定しないので、月経周期は不規則なのがふつう。初経から4〜5年ほどして卵巣も発達して、女性ホルモンの分泌が順調になると、周期が安定してきます。
個人差が大きい、月経の周期や量。他人はどうだろうと、気になる人もいるでしょう。
成人女性の場合、月経周期は25日〜38日、月経期間は3日〜7日です。量はもっとも多い日で2〜3時間に1回、ナプキンを替えるぐらいが一般的です。この期間や量に当てはまらない場合は、排卵障害が起きていたり、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が関係していたりすることがあるので、一度、産婦人科で相談したほうがいいかもしれません。

月経周期と期間
月経周期 25日〜38日
平均は28日
月経期間 3日〜7日
平均は4.6日
月経周期や期間の異常
月経周期が24日以下 頻発月経
月経周期が39日以上 稀発月経
月経期間が2日以下 過短月経
月経期間が8日以上 過長月経
このページのTOPへ

ストレスやダイエットで月経不順に

過度なストレスや無茶なダイエットで、月経がこなくなったという経験がある人も少なくないのではないでしょうか。では、どうしてストレスやダイエットで月経がこなくなるのでしょうか。そのしくみをご説明しましょう。

1.ストレスと月経不順・無月経
引っ越しや進学、就職、結婚などの生活環境の変化や、職場環境や人間関係の悩みなどで生じる精神的なストレスが原因で、月経不順や無月経(月経が来なくなること)になることがあります。
月経女性ホルモンの変化によってもたらされますが、この女性ホルモンの分泌をうながすためのホルモンをコントロールする視床下部は、ストレスに関係する自律神経にも関わっています。そのため、月経はストレスの影響をたいへん受けやすく、過度なストレスがかかると月経が遅れたり、早まったり、来なくなったりするのです。
2.ダイエット・肥満と月経不順・無月経
ダイエットで体重を急に落とすと、月経が来なくなることがあります。
極端なダイエットをすると、カラダに必要な栄養が十分に蓄えらず、栄養失調になります。カラダは生命を守ろうとするため、入ってきた栄養はそちらに重点的に使われるようになります。生殖機能は生命の維持とはあまり関係がないため、後まわしに。その結果、女性ホルモンがつくられにくくなり、月経不順や無月経になるのです。
ダイエットだけが月経不順の原因になるわけではありません。太りすぎも月経不順や無月経を起こします。脂肪細胞は女性ホルモンのはたらきを悪くしたり、ホルモンをつくり出す脳下垂体や卵巣のはたらきを弱めたりするからです。

ダイエット・肥満と女性ホルモンの関係

このページのTOPへ
ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ