女性の健康と漢方

どうして冷え症になりやすいの?|漢方の正しい知識や漢方の魅力をご紹介いたします|漢方ビュー

  • 成人女性の2人に1人が冷えに悩んでいる
  • カラダの温度調整が狂った状態が「冷え」
  • 女性が冷えやすい理由は大きく2つ
  • 薄着ファッションで冷えが悪化!!

成人女性の2人に1人が冷えに悩んでいる

手足が冷えて、靴下をはかないと眠れない。冷房にあたると具合が悪くなる・・・。そんな症状に悩んでいる女性は少なくありません。実際、女性の2人に1人が「冷え症(冷え性)」とのこと。とくに冷えやすい部分は足、手、腰で、なかには背中がゾクッと水をかけられたみたいに冷たい、という人も。一般的には、年齢が若い人は手足が冷え、年齢をとると腰やおなかなど、中心部に冷えが移っていくといわれています。
冷えに悩む女性の多くは、自分なりの冷え対策をとっているでしょうが、問題なのは「冷えぐらい平気」と放っているケース。単なる冷えにとどまらず、月経痛や肩こり、頭痛、腰痛などが冷えで起こっている可能性もあります。
いずれにしても、「冷え」は女性の大敵。冷えの正体をよく知って、対策を講じることが大切です。

このページのTOPへ

カラダの温度調整が狂った状態が「冷え」

冷えは主に体温調整に関わっている自律神経の失調で起こります。
自律神経には、寒さや暑さに私たちのカラダがうまく対応できるよう、体温を一定に保つはたらきがあります。暑いときは汗をかいて熱を放出し、寒いときは筋肉を動かして熱をつくったり、毛細血管を収縮させて熱を逃がさないようにしたりします。
ところが、過剰な冷暖房、食生活の乱れ、ストレスなどによって自律神経のバランスが乱れると、血管の収縮など体温調整がうまくいかなくなります。その結果、冷たい外気にさらされたときに、カラダが熱をつくりだしたり、カラダの熱を奪われないようにすることができず、冷えという病態が生み出されてしまうのです。
このほか、貧血によって熱を運ぶ血液が不足したり、血液循環が悪くなったりしても、冷えは起こってきます。

このページのTOPへ

女性が冷えやすい理由は大きく2つ

まわりを見ても「冷え」を訴えるのは男性より女性の方が多いですよね。これはカラダのつくりが男性と女性とで違っていて、女性の方が冷えやすい構造になっているため。だからこそ女性は男性以上に冷えにくいカラダ作りが必要なのです。
女性が冷えやすい理由は、大きく次の2つになります。

1.男性より筋肉が少ない
私たちのカラダが作り出す熱の4割は、筋肉によってもたらされます。筋肉が動くことで熱がつくられて、カラダが温まるわけです。ところが女性はもともと男性より筋肉が少ない上、筋肉がつきにくい構造になっています。そのため熱をつくり出す力が弱く、冷えやすいと言えます。
さらにダイエットで食事の量を極端に減らしたり、野菜ばかりとったりするなど、摂取エネルギーを極端に制限する女性も少なくありません。過度なダイエットをすると、栄養不足になり、もともと少ない筋肉がさらに減って、熱をつくり出す能力がさらに落ちてしまいます。
2.月経・子宮・卵巣がある
女性特有のはたらきといえば、月経。月経のときに熱を運ぶ血液が多量に奪われるため、冷えやすいのです。また、女性のおなかには男性にはない子宮や卵巣などの臓器や器官が存在しています。そのため、腹部の血流が悪くなって、熱が運ばれにくく、冷えやすくなります。
このページのTOPへ

薄着ファッションで冷えが悪化!!

カラダのつくり的に冷えやすい女性。しかし、女性に冷えが多い最大の理由は、もしかして最近の薄着ファッションにあるかもしれません。
年間を通しておへそが見える小さいビキニのショーツをはいて、寒い季節や冷房がきいている場所なのに、ノースリーブにミニスカート、素足にサンダルでオシャレ。あるいは体型をスリムに見せようと、きついガードルなどをはいたり・・・。これではカラダが冷たい外気にさらされたり、血流が悪くなったりして、冷え症が悪化する原因に。
オシャレをするなら冷え対策を考えたものを。例えば、温かい空気の層ができるように洋服は重ね着。下半身はスパッツやレギンスなどでしっかりと保温し、ストールなど防寒用のグッズも持ち歩く。おなかを温める腹巻きや肌着も忘れずに。最近ではかわいらしくて、オシャレなものが市販されています。
このように、ちょっとした工夫で冷えは防げるもの。冷え対策もオシャレにいきましょう!

NGファッションとOKファッション

NGファッション
NGファッションのポイント
薄着・肩やお腹を出した服装・
ミニスカート・素足にサンダル
OKファッション
OKファッションのポイント
重ね着・スパッツ・
ブーツ・ストール
このページのTOPへ
ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ