漢方のポータルサイト|漢方ビュートップ > 女性の体のしくみトップ > 女性のカラダに関わるホルモンの種類とはたらき

女性のカラダに関わるホルモンの種類とはたらき|漢方の正しい知識や漢方の魅力をご紹介いたします|漢方ビュー

  • 女性ホルモンは女性の味方!
  • 子宮や卵巣の病気と女性ホルモン
  • ホルモンをいい状態に保つには?
印刷

女性ホルモンは女性の味方!

女性ホルモンの流れ

女性ホルモンは女性らしい容姿にしたり、妊娠や出産など、女性としての機能を充実させたりする作用をメインに行っています。「女性が女性でいられる」というのもおかしな話ですが、女性らしい体つきをつくる、その役割を担っているのが、まさに女性ホルモンなのです。
ところで、そもそもホルモンとはいったいどのようなものなのでしょうか。

ホルモンとは、私たちのカラダの組織や器官に対して、ちゃんとはたらくように指示をするごく微量の物質のこと。内分泌器官(脳の視床下部や下垂体、甲状腺、副腎、すい臓、女性では卵巣、男性では精巣)からつくられ、血液に乗って全身に運ばれます。

ホルモンの種類は40種類ほどありますが、そのなかで女性ホルモンと呼ばれるものは、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2 つ。そのほかに、性腺刺激ホルモン放出ホルモン(GnRH)や卵胞刺激ホルモン(FSH)、黄体形成ホルモン(LH)、子宮を収縮させるオキシトシン、乳汁分泌に関係するプロラクチンなど、妊娠や出産などに関係するホルモンもあります。

ホルモンの種類とはたらき
ホルモン 分泌場所 主なはたらき
エストロゲン(卵胞ホルモン) 卵巣 排卵を促す・乳房や子宮を発達させる・自律神経のバランスを整える・骨の密度を維持する・血液中のコレステロールを減らす・脳細胞を活性化する・ほかのホルモンの分泌を促すなど
プロゲステロン(黄体ホルモン) 卵巣 子宮内膜の厚さを維持して着床しやすい状態にする・妊娠後の胎盤の状態を安定させる・基礎体温を上げるなど
性腺刺激ホルモン放出ホルモン
(GnRH)
脳(視床下部) 黄体形成ホルモンの分泌を促す
卵胞刺激ホルモン(FSH) 脳(下垂体) 卵胞の成長を促す
黄体形成ホルモン(LH) 脳(下垂体) 排卵を引き起こさせる・
プロゲステロンの分泌を促す
オキシトシン(LH) 脳(下垂体) 子宮を収縮させて分娩を促す・
乳汁の分泌を助ける
プロラクチン
(乳汁分泌ホルモン)
脳(下垂体) 乳汁の生産を促す
このページのTOPへ

子宮や卵巣の病気と女性ホルモン

ホルモンはごく微量の物質なので、ちょっと量がいつもより多かったり少なかったりするだけで、カラダのさまざまな器官や組織に問題が出て、体調を崩してしまいます。やっかいなことに、女性ホルモンの一つ、エストロゲン(卵胞ホルモン)自体が多すぎれば、乳がんや子宮体がんになったり、子宮筋腫や子宮内膜症が悪化したりします。 このように月経不順や子宮内膜症、子宮筋腫、更年期の症状などは、女性ホルモンのアンバランスで起きる代表的な病気や症状です。また女性ホルモンの乱れから排卵が起きなくなるなど、不妊につながることもあります。

女性ホルモンが関係する主な病気
月経不順 女性ホルモンのバランスが崩れて、月経のサイクルに乱れが生じることで起きる。
子宮内膜症 子宮内膜が子宮以外(卵巣や腹膜)に増えていく病気。月経痛がひどく、不妊の原因になることも。エストロゲンによって病気が進行する。
子宮筋腫 子宮内やまわりにできる良性のはれもの。エストロゲンによって筋腫が大きくなる。主な症状は過多月経や月経痛、貧血、便秘、頻尿などで、不妊の原因になることも。
多嚢胞性(たのうほうせい)
卵巣症候群
黄体形成ホルモンの過剰分泌で起こる病気。月経異常、男性化(多毛、にきび)、肥満、不妊の原因に。
高プロラクチン血症 プロラクチンの過剰分泌で起こる病気。乳漏症(にゅうろうしょう)、排卵障害、不妊の原因に。
無月経
(※視床下部性のもの)
性腺刺激ホルモン放出ホルモンの分泌が低下することで排卵が起きなくなるもの。不妊の原因に。
不妊症
(排卵障害)
卵胞刺激ホルモンや黄体形成ホルモンの分泌がうまくいかなくなることで排卵が起きなくなり、不妊に。
このページのTOPへ

ホルモンをいい状態に保つには?

私たちが生きている上で欠かせない、さまざまなホルモン。女性ホルモンに限らず、ホルモンをいい状態に保つためにはどうしたらいいでしょう。
まず、実行したいのは簡単なようで難しいのですが「規則正しい生活を送る」こと。睡眠不足や不規則な生活は、女性ホルモンの分泌を乱すといわれています。また、ホルモンが分泌される場所(脳など)は、ストレスにとても左右されやすいことから、できるだけストレスを溜めない生活を送ることも大切です。
さらに、食品添加物などに含まれる有害物質も、女性ホルモンの状態を乱すことがこれまでの研究から分かっているので、ファストフードやレトルト食品などに頼らず、できるだけ家庭でつくった料理を食べるようにしたいものです。

こんなライフスタイルがベスト!

  • ストレス解消法を見つけ、ストレスレスに
  • 1日3食、時間を決めて食べる
  • ゆっくりおふろに入って、リラックスする
  • 定期的にカラダを動かす
  • インスタント食品やレトルト食品ではなく、手料理を
  • 夜はしっかり寝て、昼間は活動的に
このページのTOPへ
ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

悩み別漢方でもこちらの症状を解説しています

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから
漢方薬辞典 生薬辞典
kampo view メール
定期的に配信されるメルマガで各種情報がもらえます。
会員限定イベントにご招待いたします。
漢方関連書籍や健康お役立ちッズをプレゼント!
みなさんからのリクエストをサイトに反映していきます。
会員登録する
登録情報変更はこちら
このページのTOPへ