女性の健康と漢方

漢方で“女子力”チェック その不調は女子力を下げているかも!? 本当の女子力は、ココロもカラダも健康で、オンもオフも充実しているからこそ発揮されるもの。ココロとカラダの健康は、自分の体質や体調を知ることから始まります。まずはチェックリストであなたの女子力をチェックしましょう。|漢方の正しい知識や漢方の魅力をご紹介いたします|漢方ビュー

  • 1.食欲がなく、元気が出ない
  • 2.疲れやすく、体がだるい
  • 3.のどが詰まったような感じがする
  • 4.目の下のクマや手足のアザができやすい
  • 5.顔や足がむくみやすい
  • 6.めまいや立ちくらみ、車酔いをしやすい
  • 7.お腹が張ることが多い
  • 8.何もないのに急に胸がドキドキすることがある
  • 9.顔がほてったり、汗をかきやすい
  • 10.肌の乾燥が気になる
  • 11.髪が抜けやすい
  • 12.月経痛がつらい

このチェックリストは、漢方の考え方である「気・血・水(き・けつ・すい)」の状態をみたもので、該当した方は気・血・水のどれかに問題があって、ココロやカラダのバランスが崩れかけている可能性があるということです。
一つひとつの症状は気にならないほどかもしれませんが、放っておくと複数の症状が起こったり、症状が悪化したりする危険性も。また、不眠症月経困難症冷え症更年期障害・うつ病・自律神経失調症・月経前症候群(PMS)など、精神神経系や婦人科系の病気など、重大な病気が隠れていたり、それらのきっかけになることもあるので、要注意です。

番号※ よくみられる症状 漢方の考え方における状態
1・7 頭重感・のどが詰まった感じがする(咽頭違和感)・
息苦しい・おなかが張る
気の異常 気滞
(気うつ)
2・3 無気力・疲労感・だるさ・食欲不振 気虚
8・9 のぼせ・動悸・発汗・イライラ感・不安感 気逆
4・12 月経痛・便秘・肩こり・痔・静脈瘤・色素沈着 血の異常 瘀(お)血
10・11 貧血・皮膚の乾燥・脱毛・集中力低下 血虚
5・6 むくみ・めまい・耳鳴り・頭痛・下痢・トイレが近い、
または尿量が少ない
水の異常 水毒

※番号は上のチェックリストに対応しています

注)長期間または強い不調を感じる方は、医師の診察を受けることをお勧めします。
   漢方薬を処方してくれる病院はこちらのページで探せます。

麻布ミューズクリニック 名誉院長 医療法人祐基会 帯山中央病院 院長 渡邉賀子先生「女性には月経という男性にはない大切な機能が備わっているため、女性ホルモンの変動による心身の変化も大きく、病気とまではいかないような小さな不調も出やすいんですね。
でも、不調をそのままにしていると、赤ちゃんが授かりにくくなるとか、更年期にいろいろな症状で苦しんでしまうとか、将来的に大きな問題につながることになりかねません。しかも、そのときに何とかしたいと思っても、なかなかむずかしいことが多いのです。
だからこそ、ちょっとした症状や悩みでも一人で抱え込まず、まずは私たち医師に気兼ねなく相談してほしいのです。たとえば、漢方では、伝統的診察方法などからその方の体質や気・血・水の状態などを診断し、その時のその方に合った漢方薬を処方していきます。そのため、漢方治療によって症状がとれるだけでなく、体の中にある根本的な問題点も改善されることが少なくありません。
医師の8割以上が漢方薬を処方している現在、風邪などで急に病院に駆け込むだけでなく、普段からかかりつけの医師を見つけておくのもいいかもしれません。いろいろと相談できる医師を見つけておけば、大きな病気を未然に発見することもできるかもしれませんし、健康で、楽しく、充実した毎日を過ごすサポートをしてくれる存在にもなってくれます。
人生は一度きりです。もっと自分を大切に、いとおしんでくださいね。」

このページのTOPへ
ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ