悩み別漢方

さまざまな症状・病気を西洋医学と漢方医学の視点から解説

さまざまな症状・病気について、そのメカニズムや診断方法を西洋医学と漢方医学両方の視点で解説します。
気になる症状はこちらでチェック!

胃もたれ
胃もたれとは、胃での消化が遅くなって、飲食したものが胃の中にいつまでもとどまっているために起こる不快感を言います。
アレルギー性鼻炎・花粉症
花粉やハウスダスト、ダニなどをアレルゲン(抗原)とするアレルギー反応です。
風邪
風邪(正式には「風邪症候群」)とは、細菌やウイルスが口や鼻から侵入し、粘膜に感染したことで起こるさまざまな急性症状をまとめたものです。
月経困難症・月経痛
月経時に生じる痛みや不快感のうち、痛み止めを飲んだり、寝込んだりしなければならないなど、日常生活に支障をきたすほど症状の重いものを、「月経困難症」といいます。
更年期障害
更年期とは、女性の生涯のうち、成熟期から老年期に移る一時期のことで、卵巣機能が低下しはじめ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってきます。
こむら返り
ふくらはぎや足の裏、ふとももの筋肉などが突然、強くけいれんして、痛みが出ることを「こむら返り」と言います。
食欲不振
食べたいけれど食べられない、食べる気がしないといった食欲不振の原因は、精神的なストレスによるもの、胃腸の機能低下によるものなどが考えられます。
咳は気道の分泌液、あるいはウイルスや花粉などの異物を体外に追い出すために起こる、重要なカラダの防衛反応の一つです。
ニキビ(にきび)
ニキビとは、専門的には「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と言って、毛穴にできた丘疹のことを指します。
のどのつかえ感(咽喉頭異常感症)
「のどがつかえる」「しめつけられる」「何かできている」など、さまざまな言葉で表わされるのどの違和感、異常感覚のこと。
冷え症
冷え症は女性に多い悩みのひとつで、とくに手足の先など体の中心から離れた部分(末梢)や、腰が冷えると訴える場合が多いようです。
皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)・かゆみ
冬の乾いた外気と、皮脂の欠乏、発汗の低下などが合わさって生じる皮膚の病気で、病名の通りかゆみが強いのが特徴です。
疲労
長時間の運動や労働、精神的な作業をすることによって体に起こる生理的な現象が疲労です。
貧血
貧血とは、血液中のヘモグロビン(血色素)が正常よりも少ない状態をいいます。
頻尿・尿漏れ
頻尿とは、排尿回数が増加すること、尿漏れとは排尿する前に尿がもれてしまったり、くしゃみなどおなかに力を入れたときに思わず尿が出てしまったりすることを言います。
便秘
便秘とはお通じが出ない状態をいいますが、はっきりとした定義がありません。
不眠・不眠症
睡眠のリズムが障害されて、眠れなかったり、眠りが浅くすぐに起きてしまったり、朝早く目覚めてしまうのが不眠です。
このページのTOPへ