悩み別漢方

ニキビ(にきび)

ニキビとは、専門的には「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と言って、毛穴にできた丘疹のことを指します。皮脂などの分泌物がたまった「白ニキビ」、たまった皮脂にアクネ菌と呼ばれる菌が感染して炎症が起こった「赤ニキビ」などがあります。赤ニキビは化膿しやすく、ニキビ痕が残ってしまうこともあります。

ニキビ(にきび)のメカニズム西洋医学の考え方
漢方医学ではこう診る
監修医師
あらなみクリニック 総院長
荒浪 暁彦 先生

浜松医科大学を卒業後、同大皮膚科入局。静岡市立清水病院、富士宮市立病院等を経て、現在、静岡県島田市及び千葉県船橋市皮膚科漢方クリニック(あらなみクリニック)理事長。漢方医学は金匱会診療所、熱海アオキクリニック、北里研究所東洋医学総合研究所にて学ぶ。慶應義塾大学漢方医学センター非常勤講師、浜松医科大学東洋医学講座非常勤講師。著書に『アトピー漢方治療革命(メディアパル)』

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから
このページのTOPへ