• 文字の大きさをお選びください
  • 文字を小さくする
  • 文文字を標準にする
  • 文字を大きくする

PMS(月経前症候群)

月経(生理)前になると、さまざまな不調があらわれることがあります。症状は落ち込み、イライラ、不安感、腹部膨満感、便秘、頭痛、乳房の痛み、むくみ、食欲不振(あるいは過食)など多様で、月経が始まる3日~10日ぐらい前から決まって起こり、それらの症状をまとめて、PMS(月経前症候群または月経前緊張症)と言います。
PMS(月経前症候群)に心当たりのある人は、月経前にハードなスケジュールを入れない、リラックスするなど、過ごし方に工夫をしてみましょう。症状が少し解消されます。ただ、こうした工夫をしても仕事に集中できない、眠れないなど、日常生活に支障が出るほど症状が重い場合は、婦人科の受診をおすすめします。

PMS(月経前症候群)のメカニズム。西洋医学の考え方
漢方医学ではこう診る

PMS(月経前症候群)を西洋医学と漢方医学の視点から解説

ダイナメディカル根津クリニック院長定形 綾香先生 

医学博士。東京大学医学部卒業、同大学アレルギーリウマチ内科入局。東京大学院博士課程終了。都立墨東病院女性専用外来開設より尽力し、ダイナメディカル根津クリニックを開設。漢方医学は松田邦夫先生に師事。

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

関連記事を見てみましょう

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから
漢方薬辞典 生薬辞典
漢方ビューメール会員
定期的に配信されるメルマガで各種情報がもらえます。
会員限定イベントにご招待いたします。
漢方関連書籍や健康お役立ちッズをプレゼント!
みなさんからのリクエストをサイトに反映していきます。
会員登録する
登録情報変更はこちら
このページのTOPへ