悩み別漢方

こむら返り

ふくらはぎや足の裏、ふとももの筋肉などが突然、強くけいれんして、痛みが出ることを「こむら返り」と言います。ふくらはぎ(腓:こむら)に多いことから、こむら返りという名前が付いたようです。「足がつる」という言い方もします。
こむら返りは運動中にみられる場合と、その他のときに起こる場合があります。後者では年齢が上がるにつれて発症の頻度が増してきます。多くは健康な人にも起こる一過性のものなので、心配ありません。運動をすると起こる人は運動前後にはウォーミングアップやクールダウンをしっかりするようにしましょう。寝る前のマッサージも有効なようです。

こむら返りのメカニズム。西洋医学の考え方
漢方医学ではこう診る
監修医師
帝京大学医学部外科
准教授
新見 正則 先生

1985年慶應義塾大学医学部卒業。1993年から98年、英国オックスフォード大学医学部博士課程卒業。1998年より帝京大学医学部外科に勤務。2002年より本邦初の保険診療でのセカンドオピニオン外来を始める。2007年より松田邦夫先生に漢方を師事。

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ