悩み別漢方

更年期障害

更年期とは、女性の生涯のうち、成熟期から老年期に移る一時期のことで、卵巣機能が低下しはじめ、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減ってきます。更年期がいつ訪れるかは個人によって違いますが、ふつうは50歳前後で閉経を迎えることから、45歳ぐらいから55歳ぐらいまでの約10年間が更年期にあたると考えられます。
そして、更年期になるとホルモンバランスが乱れ、それによってさまざまな不定愁訴(不調)が現れやすくなります。これがいわゆる更年期障害です。

更年期障害のメカニズム。西洋医学の考え方
漢方医学ではこう診る

更年期障害を西洋医学と漢方医学の視点から解説

監修医師
霞が関ビル診療所
婦人科医師
丸山 綾 先生

1999年、日本大学医学部卒業。駿河台日本大学病院等を経て2006年より現職。 日本産科婦人科学会(専門医)、日本東洋医学会(専門医)所属。

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから
このページのTOPへ