悩み別漢方

胃もたれ

胃もたれとは、胃での消化が遅くなって、飲食したものが胃の中にいつまでもとどまっているために起こる不快感を言います。その原因の多くは食べすぎ、飲みすぎですが、心理的なストレスによって胃の消化機能が低下し、胃もたれが起こることもあります。このほか、お腹が張る(腹部膨満感)、食欲不振、むかつき、胃の痛み、胸やけなどがある場合、胃もたれが長引くような場合は、何らかの病気によって胃がもたれている可能性があります。

胃もたれのメカニズム・西洋医学の考え方
漢方医学ではこう診る
監修医師
東海大学医学部専門診療学系
漢方医学准教授
新井 信 先生

1981年、東北大学薬学部卒業。1988年 新潟大学医学部卒業。医学博士。 医師、薬剤師。東海大学医学部東洋医学講座助教授。早稲田大学非常勤講師・客員研究員、 東京女子医科大学非常勤講師、新潟大学医学部非常勤講師、藤田保健衛生大学 医学部客員教授。 漢方専門医・指導医、内科専門医。日本東洋医学会評議員、日本漢方医学研究所 評議員など。著書に『症例でわかる漢方薬入門』(日中出版)。

ご近所のお医者さんを探すなら 漢方薬処方の病院検索はこちらから

このページのTOPへ