メニュー

いびきで悩んでいるあなた、たった3分の「舌ヨガ」を試して!

いびきで悩んでいるあなた、たった3分の「舌ヨガ」を試して!

自分では聞くことのできない“いびき”。
他人から指摘されると、とても恥ずかしいですよね。

いびきの原因はさまざまあると言われていますが、いったい何が原因なのかわからないままでいる人も多くいるのではないでしょうか。

今回は薬剤師である筆者が、いびきの改善にオススメな「舌ヨガ」を紹介します!

いびきの原因と対策は?

いびきの原因と対策は?

じつは、いびきの原因はたくさんあります。
例えば、鼻づまりや扁桃腺が大きい、顎がもともと小さい、首回りに脂肪が多いなどが挙げられますが、これらはどれも気道を圧迫することに関係しています。

これらが原因だった場合、ズバリ“口周辺の筋肉強化”が、いびきの改善につながります!

端的に言うと、舌や喉の奥、口の周りの筋力が低下してくると、口の中の空間が狭くなります。すると、普段から鼻呼吸をしていたとしても、寝ているときに口が開きやすくなるので、口呼吸を始めてしまいます。
さらに、寝ているときにかかる重力に舌の筋肉が負けて、舌の位置が下がることでいびきに繋がりやすくなるのです。

したがって、口周辺の筋肉を鍛えることがいびきの改善につながるのです。

たった3分!舌ヨガが効果的!

それでは、口周辺の筋肉を手軽に鍛えることができる「舌ヨガ」の方法を説明します!

<手順>

基本の姿勢は、肩を下げた状態で行ってください。

  1. 思いっきり舌を前につき出して10秒キープします
  2. 思いっきり舌を上にあげて10秒キープします
  3. 思いっきり舌を下にさげて10秒キープします
  4. 思いっきり舌を右側に出して10秒キープします
  5. 思いっきり舌を左側に出して10秒キープします
  6. 歯茎をなぞるように舌を右回りと左回りにそれぞれ10回まわします
  7. 舌を内側にそり返して10秒キープします
  8. 口の両脇に人差し指を入れて、外側に思いっきり引っ張り、唇は内側に力をかけて口が開かないように10秒キープします
  9. 上をむいて「バ・ケ・ツ」という口の形を10回言います

いびき以外にも期待できる舌ヨガ効果とは?

いびき以外にも期待できる舌ヨガ効果とは?

舌ヨガをすると、唾液の分泌量が増えます。
その結果、口の中が潤うことになるので、口臭予防をはじめ、菌やウイルスにも強くなります。
また、口周りの筋肉が鍛えられることで、ホウレイ線予防や二重顎、顔のむくみ予防になったりもします。

筋肉は使わないと衰えていくものです。毎日たった3分で構いませんので、紹介した舌ヨガで筋力をキープしてみましょう。

どうしても、加齢とともに口周りの筋力は低下しやすくなります。食事の際、食べ物が気管に入りむせやすい人や、噛む能力が低下気味の人にもオススメですよ。

こちらも参考に!

悩み別漢方「のどのつかえ感(咽喉頭異常感症)」
https://www.kampo-view.com/nayami/inkoutou02.html

悩み別漢方「不眠・不眠症」
https://www.kampo-view.com/nayami/fumin01.html