メニュー

今年は要注意!夏の“冷え対策”も忘れずに

今年は要注意!夏の“冷え対策”も忘れずに

テレビでは連日暑さ対策を特集

今年の夏は連日、うだるような暑さが続いています。気象庁も認める異常気象とのことで、テレビでは毎日のように“暑さ対策”を特集していますね。

熱中症などを予防してこの夏をしのぐためには、こまめな水分補給と、部屋では適度な空調を使う…ことが大切なのですが、女性にとって冷房は、“冷え”による体調不良が出る要因にも。

そこで、この時期の冷え対策について考えてみたいと思います。

冷房がカラダに及ぼす影響とは?

冷房がカラダに及ぼす影響とは?

熱波が襲う外出先から帰って、冷えた部屋に入ると本当に気持ちよいもの。
しかし、それはカラダにとってはあまり良くないようです。

漢方ビューの「冷え症(冷え性)」ページでは、冷房がなぜカラダに良くないかを解説しています。
それによると、
〜冷房で室温と外気との温度差が10度近くになることもあります。
そのような環境で外と中の行き来が多くなれば、頻繁に熱の産生と放出とを繰り返さなければならず、自律神経に負担がかかってきます。
その結果、体温の調節機能が低下して、冷えの症状が出てきます。〜
とのこと。
そんな冷房による体調不良を解決してくれるのが、以下のセルフケアです。

生活の工夫

シャワーではなく、お風呂に入る・定期的に運動する・オフィスなど冷房が強いところでは膝掛けなどで防寒する

洋服の工夫

締めつける下着は着ない・靴下や腰巻きなどで腰から下を冷やさない・薄着をせず、重ね着をする

食事の工夫

冷たいものを摂りすぎない・栄養バランスのよい食事・規則正しい食事をする


ちなみに、冷房の設定温度について調べてみると、冷房を28℃に設定している人が最も多く、次が27℃設定、3番目が26℃設定というアンケート調査の結果が出ています。

国では「室温28℃」を目安にすることを推奨しています。
この時注意したいのは、冷房の設定温度を指している数値ではないので、温度計を見ながら調整することが大事です。

クール・ネット東京
https://www.tokyo-co2down.jp/action/emission-2/temperature/

“冷え”には漢方が強い味方

こうした不調に、漢方は強い味方になりますが、なぜ“冷え”に漢方薬なのか。
冷え症(冷え性)」のページをもう少し紹介しましょう。

〜体のはたらきをよくして、症状を抑えていくことを目的とする漢方治療にとって、まさに熱を作る機能が落ちている冷え症の治療は、得意とするところです。〜

気血水

漢方医学には「気・血・水(き・けつ・すい)」という概念があり、冷え症が起こる背景には、これらの異常(偏り)があると考えています。
具体的には、血が足りない状態(血虚)や、血がとどこおっている状態(お血)、水分がたまっている状態(水毒)、気が不足している状態(気虚)などがあり、複数の状態が重なることで症状がこじれたり、悪化したりすることもあります。

こうした体質や状態から、その人に足りないものを補う漢方薬が決まるため、その人の落ちている機能を高めて症状を改善していく、というわけです。

セルフケア+漢方で今年の夏をやり過ごす

セルフケア+漢方で今年の夏をやり過ごす

気象庁によると、どうやらこの高温状態はしばらく続くとのこと。長期戦を覚悟しなければなりません。
日々の温度ストレスの影響は、あとから徐々に出てくることもあります。

この夏をやり過ごすには、日々のちょっとしたセルフケアの積み重ねと、冷房の工夫。そして、いざというときの漢方。
つらいなと思ったら、一度、漢方に詳しい医師・薬剤師・登録販売者に相談してみるのもよいかもしれません。

気象庁
https://www.jma.go.jp/jma/press/1807/23a/20180723_kouon.html

こちらも参考に!

悩み別漢方「冷え症(冷え性)」
https://www.kampo-view.com/nayami/hieshou01.html

悩み別漢方「食欲不振」
https://www.kampo-view.com/nayami/syokuyoku01.html

悩み別漢方「疲労」
https://www.kampo-view.com/nayami/hirou01.html

漢方を知ろう
https://www.kampo-view.com/shirou/

漢方に詳しい病院・医師検索サイト紹介
https://www.kampo-view.com/search.html