メニュー

疲れたときにやってはいけないこと、やるべきこと

疲れたときにやってはいけないこと、やるべきこと

がんばりすぎて、ぐったり…

新しい年号が始まって早くも1カ月以上が過ぎました。
「令和になったからがんばろう」なんて張り切りすぎて、ぐったりしていませんか?
健康長寿ネットによると、疲労は熱や痛みなどの症状と同様、「これ以上作業を続けていると、カラダに害が生じるサイン」とのこと。
ゆっくり休養をとって、元気回復に努めなさいということなのでしょう。
しかし、なかなかそんな時間が取れないというのも事実。
あとちょっとだけ頑張りたい!」というときには、どうしたらよいでしょうか。

疲労の犯人は乳酸ではなく、◯◯◯だった

疲労の原因については長らく解明されていませんでしたが、近年、そのメカニズムが少しずつ明らかになってきています。
疲労の原因で有力視されている〝真犯人〟は、ズバリ「活性酸素」です。

運動の例を挙げると、わかりやすいかもしれません。
運動ではたくさんの酸素を使いますが、その際に活性酸素も多量に作られてしまいます。カラダに取り込まれた酸素の一部が、活性酸素に変わるためです。
本来なら、その活性酸素を除去するために抗酸化物質が働くのですが、その物質を上回る活性酸素が作られてしまった場合、除去されず体内に残留することとなります。
その残留した活性酸素が自律神経や筋肉などを傷めてしまうため、疲労症状が起こるというわけです。
ちなみに、「乳酸=疲労物質」と考えられていましたが、今は否定されています。

疲れたときは甘いものではなく、深呼吸

疲れたときは甘いものではなく、深呼吸

疲れたときにチョコレート…つい手に取っていませんか?
確かに、甘い物(糖質)を摂ると集中力が高まり、疲れが取れた気になります。
ところが、それは一時的に血糖値が上がるためで、一過性の現象とされています。その後、すい臓から「インスリン」というホルモンが分泌されて、急な血糖降下を招きます。
かえって疲れやイライラ、眠気などの症状が出るとのことなので、注意が必要です。

では、疲れを感じたときには、どうすればよいのでしょうか。
じつは、元気を取り戻すために必要なのは、“太陽の光を浴びて、深呼吸を繰り返す”こと。
これによって元気をもたらす脳内物質「セロトニン」が分泌されて、ココロとカラダの回復を図ってくれるのです。

漢方薬が疲労回復に役立つことも

自律神経の乱れには漢方薬が効果的な場合も

また、漢方では「気・血・水(き・けつ・すい)」という概念があります。
疲労は、このなかの「」、つまり生命エネルギーやパワーが不足した状態(気虚)と考えられています。
したがって、疲労に対して「」を補う漢方薬が使われることもあります。

具体的には、「補中益気湯(ホチュウエッキトウ)」や、「十全大補湯(ジュウゼンタイホトウ)」、「人参養栄湯(ニンジンヨウエイトウ)」などが、その人の体質や疲労以外の症状を加味して、処方される場合があります。

一般的には疲労という状態は病気ではないと考えられているので、病院に行くということをためらいがちだと思いますが、慢性的に疲れが取れないという方は、一度、医師や薬剤師に相談してみてはいかがでしょう。

参考

健康長寿ネット
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/undou-shougai/hirou-busshitsu.html

「わが家の漢方百科」(東海大学医学部教授 新井信、東海大学医学部付属大磯病院 髙士将典著)
「朝5分の呼吸法」(有田秀穂著)
「医者が教える食事術 最強の教科書」(牧田善二著)

漢方の基礎知識「私に合う漢方薬の見つけ方」
https://www.kampo-view.com/shirou/order.html

悩み別漢方「疲労」
https://www.kampo-view.com/nayami/hirou01.html

漢方に詳しい病院・医師検索サイト紹介
https://www.kampo-view.com/search.html