メニュー

夏太り解消のために、やるべきこと

夏太り解消のために、やるべきこと

夏太りを解消するカギとは?

食欲もないからそんなに食べていないし、汗もたくさんかくのに、体重は増える一方──。
そんな夏太りに困っている人は、「代謝」を見直してみると良いかもしれません。

代謝とは、食べものからエネルギーを得るために行われる化学反応のこと。
大きく、①生命活動に必要な基礎代謝②カラダを動かすことによって使われる活動代謝③消化や食事で摂ったものをエネルギーに変えるときに使われる食事誘導性型熱産生の3つにわかれます。

つまり、摂取したエネルギーよりも代謝によるエネルギーが多ければ太りにくく、逆だと太りやすくなるのです。まさに、代謝UPが夏太りを解消する“カギ”といえるでしょう。

代謝UPに必要な栄養①「タンパク質」

代謝のなかで一番のウエイトを占めるのは基礎代謝とされ、10代が最も高く、それ以降は徐々に減っていきます。
この基礎代謝を上げるポイントのひとつは、筋肉を付けること
そのためには、筋肉の材料となるタンパク質をしっかり摂ることが大事です。
欲をいえば、体内で作ることのできない必須アミノ酸が含まれる、“良質のタンパク質”を積極的に摂りたいところです。

<アミノ酸スコアが高い食品>
牛肉・豚肉・鶏肉・卵・牛乳・アジ・サケ・大豆など

代謝UPに必要な栄養①「タンパク質」

代謝UPに必要な栄養②「ビタミンB群と鉄分」

もうひとつのポイントは、食べものを効率よくエネルギーに変えられるか、です。

体内で食べものをエネルギーに変えるサイクルのことを、「TCA回路」といいます。
そのTCA回路をしっかり機能させるために必要なのは、補酵素です。

補酵素とはエネルギー源となる脂肪や炭水化物(糖質)、タンパク質をエネルギーに変えるのを手伝う成分で、主にビタミンやミネラルがその役目を担っています。
これらが不足すると、せっかく摂ったエネルギー源もエネルギーに変わらず、脂肪としてカラダに蓄えられてしまうのです。
特にこのTCA回路で大事になるのは、ビタミンB群鉄分です。

<ビタミンB群・鉄分が豊富な食品>
ビタミンB1(糖質の代謝にかかわる):豚肉・うなぎ・豆類・玄米
ビタミンB2(糖質・脂質・タンパク質の代謝にかかわる):レバー・うなぎ・牛乳・納豆
ビタミンB6(タンパク質の代謝にかかわる):マグロ・カツオ・レバー・鶏肉・バナナ
パントテン酸(糖質・脂質・タンパク質の代謝にかかわる):ししゃも・レバー・鶏肉・キノコ類・アボカド・納豆
鉄分:レバー・貝類・大豆製品・小松菜

漢方薬はあくまでサポート役として

漢方薬の中にも、基礎代謝を上げる作用に期待できるものがあります。漢方では一人ひとりの体質を重んじて漢方薬が処方されますので、かかりつけの医師や薬剤師に相談してみてはいかがでしょう。しかし、漢方薬はあくまでサポート役として捉えましょう。

前述したように、夏太りを解消するためには、基礎代謝を上げること…それを実現するためには、筋肉と適切な食材が必要です。大事なのは、日常の生活の中で積極的に食生活の見直しや運動を行い、基礎代謝を上げる生活に取り組んでいくことです。
生活習慣の見直し、運動、そしてそのサポートに漢方薬を活用して、健康的に夏太りを解消していきましょう。

漢方入門!漢方薬の名前に隠された秘密を解説

参照

NIKKEI STYLE「やせない原因、実は4つの栄養不足」
https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK1500E_V11C13A1000000/

肥満について
http://www.ideshita-clinic.jp/columns/pdf/201410_01_02.pdf

ターザン「筋トレで太らない4つの理由」
https://tarzanweb.jp/post-188213

漢方スクエア「第25回 日本肥満学会学術集会」
https://www.kampo-s.jp/book/kkn/041111.htm

こちらも参考に!

悩み別漢方「胃もたれ」
https://www.kampo-view.com/nayami/motare01.html

悩み別漢方「食欲不振」
https://www.kampo-view.com/nayami/syokuyoku01.html

漢方に詳しい病院・医師検索サイト紹介
https://www.kampo-view.com/search.html