キレイ・ゲンキ・ハッピーをずっと Kampo View

生薬辞典

黄連【おうれん】

黄連

日局

生薬ラテン名 : COPTIDIS RHIZOMA

基原
オウレン Coptis japonica Makino、Coptis chinensis Franchet、Coptis deltoidea C.Y. Cheng et Hsiao 又は Coptis teeta Wallich(Ranunculaceae)の根をほとんど除いた根茎
主要成分
アルカロイド(ベルベリン、コプチシン)など
薬能
主として胸苦しく、煩悶し、動悸がするものを治す。みぞおちの痞え、嘔吐や下痢、腹部の疼痛も治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
黄連湯(おうれんとう)、黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)、三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)など
黄連(おうれん)

─ BRAND NEW ─

Kampo view Books

色々な漢方の冊子がスマホで読める、漢方情報アプリです。
オフラインでも閲覧可能です。ぜひ、こちらからダウンロードを。