キレイ・ゲンキ・ハッピーをずっと Kampo View

生薬辞典

附子【ぶし】

附子

日局

生薬ラテン名 : PROCESSI ACONITI RADIX

基原
ハナトリカブト Aconitum carmichaeli Debeaux 又はオクトリカブト Aconitum japonicum Thunberg(Ranunculaceae)の塊根を加工したもの
主要成分
アルカロイド(ベンゾイルメサコニン、メサコニチン)、多糖類など
薬能
主として水分の代謝を盛んにし、水分の偏在を除く。したがって、悪寒、身体および四肢の関節痛などを治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)、大防風湯(だいぼうふうとう)、八味地黄丸(はちみじおうがん)、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)など
附子(ぶし)

─ BRAND NEW ─

Kampo view Books

色々な漢方の冊子がスマホで読める、漢方情報アプリです。
オフラインでも閲覧可能です。ぜひ、こちらからダウンロードを。