キレイ・ゲンキ・ハッピーをずっと Kampo View

生薬辞典

蒼朮【そうじゅつ】

蒼朮

日局

生薬ラテン名 : ATRACTYLODIS LANCEAE RHIZOMA

基原
ホソバオケラ Atractylodes lancea De Candolle、シナオケラ Atractylodes chinensis Koidzumi 又はそれらの種間雑種(Compositae)の根茎
主要成分
ポリアセチレン類(アトラクチロジン)、セスキテルペノイド(β-オイデスモール、ヒネソール)など
薬能
主として水分の代謝異常を治す。したがって、頻尿、多尿あるいは小便の出にくいものを治す。(薬徴)
主な配合漢方薬
越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)、桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、六君子湯(りっくんしとう)など
蒼朮(そうじゅつ)

─ BRAND NEW ─

Kampo view Books

色々な漢方の冊子がスマホで読める、漢方情報アプリです。
オフラインでも閲覧可能です。ぜひ、こちらからダウンロードを。