メニュー

「第20回市民公開漢方セミナー」が開催されました

10月12日(木)、新宿区の四谷区民ホールにて日本漢方生薬製剤協会主催「第20回市民公開漢方セミナー」が開かれました。
麻布ミューズクリニック院長の玉田真由美先生が講師として、「漢方で改善!! 働く女性の健康管理 女性特有症状にもう振り回されない!」というテーマで、働く女性の現状と女性を悩ます特有症状、そしてその対策について約1時間にわたり講演されました。
開場時間前から並ばれている方も多数いらっしゃり、参加者の多くは20代、30代、40代…と幅広い年齢層の女性でした。友人同士の参加が目立った一方で、ご夫婦とおぼしき姿や男性お一人で来られている方もちらほら見られました。
みなさんメモを取りながら熱心に聞き入っている姿が印象的でした。

以前、玉田先生に「漢方の魅力」と「秋冬のケア」についてお話を伺った内容も『漢方ビュー』では掲載しておりますので、ぜひこちらもチェックしてみてください!

玉田先生のインタビュー記事はこちら

玉田真由美先生に聞く「漢方の魅力」と「秋冬のケア」
https://www.kampo-view.com/kvnews/article/934