メニュー

肌荒れ対策には「漢方薬」がオススメ!

肌荒れ対策には「漢方薬」がオススメ!

肌荒れするたびに皮膚科に行くと、いつも同じ抗生剤や塗り薬が…。
治るまでに時間もかかるし、良くなったと思い薬をやめると、途端に再発…なんてことを繰り返す方はいらっしゃいませんか。
今回は薬剤師である筆者が、肌荒れには「漢方薬」がオススメな理由をお伝えしたいと思います。

肌荒れに「漢方薬」がオススメな理由

夏バテの味方に漢方薬

西洋医学では、肌荒れというと同じような系統の薬が処方されることが多いと思います。しかし、漢方医学では皮膚の色や状態、体質に応じて何十種類もの漢方薬からその時の症状に合わせたものを選ぶことができます。
例えば、赤く炎症を起こしやすい、膿ができやすい、乾燥して痒くなりやすい、イボができやすい、蕁麻疹ができやすいなどそれぞれ細かく対応することができます。また、肌荒れは精神的な影響やホルモン的な影響も受けやすいと考えられています。漢方薬は、1種類で多彩な症状を改善してしまうこともあるため、肌荒れを改善しながらその他の精神的な症状やホルモン的な症状にも同時に働きかけ改善することも期待できます。

日々の努力も必要です

肌荒れは、生活習慣の影響を非常に受けやすいです。下記のチェック項目のうち該当するものが6個以上ある人は、肌荒れしやすいタイプと考えられます。
早速チェックしてみましょう。

24時以降に寝る

甘いものや油ものをよく食べる

野菜や海藻はあまり食べない

お酒や甘い飲み物をよく飲む

運動する習慣がない

完璧主義でせっかち

部屋が汚い

便秘か下痢になりやすい

ストレスが多い

患部を触る癖がある

いかがでしょうか?肌荒れが気になる人はこれらのチェック項目に該当しなくなるように日々努力することが必要です。
お肌以外の問題が隠れているかもしれないので、一度、漢方に詳しい医師に診てもらい相談してもよいかもしれません。
生活習慣を正す努力をしながら、漢方薬を活用して、症状を早く改善し再発のしないカラダを作っていきたいですね。

肌荒れに「漢方薬」がオススメな理由

こちらも参考に!

悩み別漢方「ニキビ(にきび)」
https://www.kampo-view.com/nayami/acne01.html

悩み別漢方「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)・かゆみ」
https://www.kampo-view.com/nayami/hifusouyou01.html

悩み別漢方「不眠・不眠症」
https://www.kampo-view.com/nayami/fumin01.html

インタビュー特別取材「皮膚と漢方のいい話」
https://www.kampo-view.com/interview/woman/oda.html