メニュー

季節の変わり目は“自律神経”のケアをしっかりと!

季節の変わり目は“自律神経”のケアをしっかりと!

季節の変わり目は、体調を崩しやすい時期です。
気温や湿度、気圧などの環境の変化にカラダが順応しようとして、体調不良を感じてしまうことが多いのです。

特に寒暖差のストレスは、多くのエネルギーを消耗しますので、秋から冬にかけては自律神経のバランスが乱れやすくなります。

今回は、薬剤師である筆者が、季節の変わり目に注意すべき“自律神経”のケアについて解説します。

自律神経が与えるカラダへの影響

よく耳にする「自律神経」ですが、実際はカラダにどのような影響を及ぼすのでしょうか。

まず、自律神経とは、体内の環境(体温や血糖、血圧など)が一定になるように働き健康を保つもので、自分の意思ではコントロールができません。
季節の変わり目などは気温や気圧、湿度の変化が頻繁に起こるため体内に影響を与えますが、この時、カラダにかかる負荷から守るために自律神経は働きます。

そして自律神経には、交感神経と副交感神経があり、一方が活動すると、もう一方が抑制されることによってバランスを保っています。
しかし、どちらかの神経が過剰に働きバランスを乱すことがあります。これを、“自律神経が乱れた状態”と言います。
自律神経の乱れは、自律神経がコントロールしている臓器や免疫機能の乱れに繋がります。

慢性的なストレスや睡眠不足、食生活が乱れているような人は、自律神経が乱れやすい状態になっています。
したがって、そのような状態の人は、季節の変わり目などは特に自律神経が乱れやすくなっているので、免疫の低下から風邪を引きやすくなったり、消化不良や睡眠障害を起こしやすくなるのです。

自律神経の乱れには“温”がポイント

自律神経の乱れには“温”がポイント

自律神経が乱れている時は、交感神経が過剰に働いている状態なので、副交感神経を優位にする方法が有効だと考えられます。
その方法のひとつに、カラダを温めてリラックスさせる方法があります。

熱が伝わりやすい部分を温める

カラダには、熱が伝わりやすい部分とそうでない部分があります。例えば、足先や尻は熱が伝わりにくく、目元や首の後ろは熱が伝わりやすい部分です。
そこで、寝る前や疲れたと感じた時に、熱が伝わりやすい目元や首の後ろを蒸しタオルやシャワーなどで温めます。
すると、短時間でカラダが温められ、副交感神経が優位になると考えられます。同時に、眼精疲労や肩こりの緩和にもなります。

仙骨(せんこつ)を温める

仙骨とは、骨盤の中央にあり、背骨の下端に位置する逆三角形の骨です。
この仙骨周辺には、神経や腹部大動脈などの血管がたくさん密集していますので、温めると緊張がほぐれ、副交感神経に働きかけたり、血流を促したりすることに期待ができます。
オススメの方法は、仙骨周辺に温熱シートを貼ったり、シャワーを当てたりして温めることです。また、冷えや生理痛などの緩和にもなります。

自律神経の乱れには漢方薬が効果的な場合も

自律神経の乱れには漢方薬が効果的な場合も

自律神経の乱れは、目に見えるような症状がないので、慢性化しやすくそのまま放置しがちです。
また、病院で検査をしても、異常が発見されにくい特徴もあります。
このような症状を「不定愁訴」といい、漢方薬による治療が効果的な場合があります。

例えば他にも、頭が痛い、食欲がない、むくむ、イライラするなどの症状がある時に、西洋医学ではそのまま様子をみることも多いのですが、漢方はそうしたカラダに現れた症状を重視し、その人の体質などを考慮した治療(漢方薬の処方)が行われます。

不調が長引いている場合は、我慢せずに漢方に詳しい医師や医療機関に相談してみましょう。

特に季節の変わり目は、自律神経を乱して体調を崩しやすくなっています。カラダを効率的に温めるなどして、早めの対策をとっていきましょう。

こちらも参考に!

漢方を知ろう「女性の健康と漢方」
https://www.kampo-view.com/woman2/

悩み別漢方「風邪」
https://www.kampo-view.com/nayami/kaze01.html

悩み別漢方「食欲不振」
https://www.kampo-view.com/nayami/syokuyoku01.html

インタビュー:「かかりつけ医」と共に自身の健康を考えましょう。
https://www.kampo-view.com/interview/woman/oda.html

漢方に詳しい病院・医師検索サイト紹介
https://www.kampo-view.com/search.html