メニュー

気になる抜け毛は、カラダの外と内からケアを!

気になる抜け毛は、カラダの外と内からケアを!

「抜け毛」で受診は20年前の4倍

見た目のイメージに影響を与えるため、気にする人も多い“抜け毛”“薄毛”

一般的に頭皮には約10万本の髪が生えていて、1日で100本ほど抜けるとのこと。この抜け毛の量が何らかの原因で増えて、頭皮がうっすら見えてくるのが、薄毛です。
厚生労働省の患者調査(平成26年)をみると、脱毛症で受診する患者は20年前の4倍。多くの人が悩んでいる事情が伺えます。

“抜け毛のタイプ“は主に3つ

“抜け毛のタイプ“は主に3つ

抜け毛のタイプには「パターン脱毛症(男性型脱毛症:AGA、女性型脱毛症)」、「休止期型脱毛症」、「円形脱毛症」などがあります。

薄毛というと男性の問題というイメージがありますが、意外と見落とされがちなのが、女性の休止期型脱毛症です。

髪は「ヘアサイクル(毛周期)」という、一定のサイクルで成長と脱毛を繰り返しています。
髪の寿命は2~6年ほどで、髪が伸びる「成長期」、成長が止まる「退行期」、髪が抜ける「休止期」に分かれています。
このヘアサイクルのうちの成長期が短くなるのが、休止期型脱毛症です。

意外!?栄養不足から起こる“抜け毛”も

この休止期型脱毛症の原因のひとつは、なんと栄養不足
栄養が足りないと、カラダは重要な臓器(心臓や脳など)を守るため、優先順位の低い皮膚や頭皮に対して栄養が届きにくくなります。
その結果、髪の成長が滞って抜け毛が増えるというのです。

妊娠中や産後、高熱などで起こるほか、過度なダイエットもリスクになるそう。
スリムな体型を目指して食事の量を極端に減らす、あるいは偏った食事をしている…こんなダイエットをしている人は、一度、鏡で問題が起こっていないかチェックを。

抜け毛ケアに対する考え方

抜け毛ケアに対する考え方

抜け毛ケアは大きく分けて、頭皮に働きかける方法と、カラダの内側から働きかける方法の2つ。

前者で大事なのはヘアケアでしょう。
最近、「洗い過ぎ」の人が多く、結果的に頭皮の乾燥で毛包がダメージを受けるといわれています。
シャンプーの付け過ぎや、頭皮をゴシゴシとこするのはNG。最初にぬるま湯でホコリや皮脂を流してからシャンプーを付け、すすぐときもリンスやトリートメントのすすぎ残しのないようにしましょう。
本来、タオルドライで十分なのですが、ドライヤーは頭皮の乾燥を促すので、低めの温度のほうがベター。乾かし終えたら、オイルで頭皮の乾燥を予防。育毛剤を付けるのはこのタイミングで。

紫外線も頭皮にダメージを与えるので、これからの季節は帽子や日傘などで保護を。
食事では、髪の健康な成長に必要なタンパク質や亜鉛、銅、鉄などのミネラルを摂りたいところ。「主食がサラダ」のような偏った食事や、同じ食品だけを摂り続けたりするようなダイエットは、髪にもよくないのでやめましょう。

最近、抜け毛が多いかも・・・と思ったら

最近、抜け毛が多いかも・・・と思ったら

抜け毛が気になるようであれば、医療機関で相談することも検討してみましょう。
血液検査で不足している栄養素があれば、それらを補給する薬物治療が行われることが一般的です。あわせて食事の摂り方など、栄養指導なども行っていきます。

漢方では、抜け毛そのものよりもむしろ全身状態を整えることを目的に、その人に合った漢方薬が処方されることがあります。

いずれにしても、抜け毛ケアは「あせらない、のんびり構える」ことが大事。
前述したように、ヘアサイクルは2~6年と長く、その効果が現れるのもゆっくり。スキンケアのような実感は得られにくいので、コツコツと続けていくことが大事なのです。

参照

患者調査(厚生労働省)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/10syoubyo/dl/h26syobyo.pdf

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版(日本皮膚科学会ガイドライン)
https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

こちらも参考に!

漢方を知ろう「私に合う漢方薬の見つけ方」
https://www.kampo-view.com/shirou/order.html

漢方に詳しい病院・医師検索サイト紹介
https://www.kampo-view.com/search.html