メニュー

女性を悩ます「ストレス便秘」の正体と対処法

女性を悩ます「ストレス便秘」の正体と対処法

腹痛でトイレに行くも、コロコロ便しか出ない

ストレス社会ともいえる現代社会──
多かれ少なかれ誰でもストレスを抱えていると思いますが、そのストレスで健康を概してしまわないように、ココロとカラダが発するSOSを察知することも大事です。

今回、取り上げるのは、女性(男性も!)を悩ませる「ストレス便秘」です。

そもそも便秘とは、“便通が定期的にこない”という状態。
本来なら、お通じは1日1回程度あるものですが、何らかの理由で、それが数日に1回程度に減ることがあります。長い間、大腸の中に便が溜まっているため、水分が腸から吸収され、硬い便になってしまいます。そうなると、余計に排便が困難となります。

ストレス便秘は、腸の機能が低下することで生じる便秘とは少し異なり、自律神経の乱れが関わっています。「おなかが痛くなってトイレに駆け込むけれど、コロコロとした便しか出ない」のが特徴です。

ストレスによる便秘は「過敏性腸症候群」かも

ストレスによる便秘は「過敏性腸症候群」かも

ストレスによる便秘のことを、専門的には「過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome:IBS)の便秘型」といいます。
IBSとは、がんや潰瘍、炎症といった器質的な病気がないにも関わらず、便秘や下痢、腹痛、腹部の不快感、痛みが生じる病気のこと。背景に自律神経が関わっているため、ストレスが強くかかると症状が悪化し、排便によって症状が軽くなります。
ちなみに、便秘が主の便秘型、下痢が主の下痢型、両方が混在した混合型があり、便秘型は女性に多いといわれています。

自律神経の乱れによって蠕動運動が不安定に

IBS便秘型の特徴は「けいれん性便秘」です。
そもそも腸の中にある内容物(便)は、腸の蠕動運動によって胃側から肛門側へと押し出されていきます。この蠕動運動を支配しているのが自律神経です。

けいれん性便秘では、自律神経の乱れによって蠕動運動が不安定になり、便の押し出しがスムーズに行かなくなります。その結果、便が溜まってしまうのです。
ストレスがかかると、自律神経から腸へと伝わる蠕動運動の信号が強まるため、症状が悪化すると考えられています。

まずは生活習慣の改善を

まずは生活習慣の改善を

基本的にIBSでは、最初に生活習慣の改善を試みます。
便秘型の場合は、食事では納豆やヨーグルトなどの発酵食品食物繊維を多く含む食品が勧められます。定期的な運動も効果があるとされています。
睡眠や休養も十分に取るようにしましょう。

これらで症状が改善しない場合は、薬物治療が行われます。
腸の運動を整える消化管機能調整薬や、善玉菌を増やすプロバイオティクス、便の水分バランスを調整する高分子重合体などが用いられます。意外かもしれませんが、下剤は補助的に使われるだけで、メインのお薬にはなりません。

便秘や、便秘による諸症状の改善に有用な漢方薬もいくつかあります。
腹痛の改善には「桂枝加芍薬湯(ケイシカシャクヤクトウ)」、下腹部痛や腹部膨満感に対しては「大建中湯(ダイケンチュウトウ)」など、さまざまな漢方薬が症状に応じて広く用いられています。
生活習慣の見直しで改善されないようなら、一度漢方に詳しい医師や薬剤師に相談してみるのもよいでしょう。

参照

日本臨床内科医会
http://www.japha.jp/doc/byoki/012.pdf

日本大腸肛門病学会
http://www.coloproctology.gr.jp/aboutsickness/archives/6

日本消化器病学会ガイドライン
https://www.jsge.or.jp/guideline/disease/ibs.html

こちらも参考に!

悩み別漢方「胃もたれ」
https://www.kampo-view.com/nayami/motare01.html

悩み別漢方「食欲不振」
https://www.kampo-view.com/nayami/syokuyoku01.html

悩み別漢方「便秘」
https://www.kampo-view.com/nayami/benpi01.html