メニュー

がん10年生存率発表。がんを防ぐ5つの方法とは?

がん10年生存率発表。がんを防ぐ5つの方法とは?

国立がん研究センターが「10年生存率」を公表

医療が進歩した今、がんは慢性病になりつつある――。最近よく耳にする言葉です。
実際、“がんサバイバー”として、がんと共に生きる人たちも増えています。
そのようななか、今年2月に国立がん研究センターが、がんの患者さんを10年間追った調査結果を発表しました。
この調査は、同センターらによる研究班(わが国におけるがん登録の整備に関する研究)が行ったもので、全国がん(成人病)センター協議会に加盟する20施設で、2000年~2003年の4年間にがんと診断された約4万5千人について、その後の10年間の予後(医学的な見通し)をみたもの(がん以外で亡くなる影響を除いています)。
昨年に続き、今回が2回目になる10年生存率の発表。この結果から、いろいろなことが見えてきます。

予後の良いがんは前立腺がん、婦人科がん

まず、10年生存率が高いがんを上位から5つ並べると次のようになります。

1. 前立腺がん 94.5%
2. 甲状腺がん 89.3%
3. 子宮体がん 81.9%
4. 乳がん   81.7%
5. 子宮頸がん 71.4%

これをみると婦人科系のがん、泌尿器のがんが高いことが分かります。ちなみに膀胱がんは71.2%。卵巣がんは少し低くて、45.7%になります。
では、こうしたがんではなぜ10年生存率が高いのでしょうか。それにはいろいろな要素がありますが、手術率の高さというものが一つ考えられます。
例えば、乳がんの手術率は95.6%、子宮体がんは95.7%になります。これはつまり、「手術が可能な早期の段階で見つかる」、あるいは「事前の抗がん剤治療などで手術が可能な段階にまでもっていける」ということ。
前立腺がんは、40.4%と手術の割合は低いのですが、このがんについては、手術以外の治療(放射線治療など)が盛んに行われているためだと思われます。

早期で発見するとやはり予後が良い

早期で発見するとやはり予後が良い

また、こうした予後の良いがんでも、早期にあたる「1期(1期の条件はがんによって異なります)」に発見されれば、前立腺は100.0%、甲状腺がんは97.2%、乳がんは95.0%、子宮体がんは93.8%というように、結果はさらによくなります。
また、表に挙げた5つのがん以外でも、胃がんの1期は93.9%、大腸がんの1期は95.3%、腎臓がんの1期は93.0%と、軒並み10年生存率は高くなります。

検診と5つの予防法でがんリスクを減らそう

つまり、それだけ“早期発見”が大事ということなんです。
そのためには、自治体の検診なども行われている、胃がん大腸がん肺がん乳がん子宮頸がんの検診は少なくとも決められたとき(受診のはがきなどが来たとき)にしっかり受けたいものです。これらは検診で死亡率が下がる効果がきちんと示されています。

同時に、自分でできる予防も大事。

同時に、自分でできる予防も大事。

禁煙」「節酒」「減塩・野菜やくだものをとる」「カラダを動かす」「適正体重」の5つを守ると、何もしない群より男性で43%、女性で37%がんリスクが下がるとのこと。
自分自身のためだけでなく、家族や自分を支える多くの人たちのためにも、自分のカラダは意識して守りたいですね。

こちらも参考に!

<全国がん(成人病)センター協議会>
全がん協生存率調査
http://www.zengankyo.ncc.go.jp/etc/

<国立がん研究センター>
プレスリリース
http://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/press_release_20170216.html
「科学的根拠に基づくがん予防」(PDF)
http://ganjoho.jp/data/public/qa_links/brochure/knowledge/301.pdf

<漢方ビュー>
「子宮頸がん検診」の大切さを理解していますか?
http://www.kampo-view.com/interview/woman/mizuno.html

乳がんについて正しい知識を身につけましょう。
http://www.kampo-view.com/interview/woman/kawase.html

がん医療と漢方
http://www.kampo-view.com/interview/special/imazu/

漢方はがん治療のサポーター
http://www.kampo-view.com/interview/special/yaegashi/