メニュー

猛暑で夏バテ、そんなときにはKAMPO的対策を!

猛暑で夏バテ、そんなときにはKAMPO的対策を!

「昔の夏バテ+冷房病」が今の夏バテ

「昔の夏バテ+冷房病」が今の夏バテ

例年以上に猛暑が続いている、今年の夏。
カラダがだるい疲れがとれない眠れない・・・。そんな“夏バテ”に嘆いている人も少なくないでしょう。
そこで今回は、東海大学医学部教授の新井信先生、東海大学医学部附属大磯病院の髙士将典先生の『わが家の漢方百科』を中心に、夏バテの漢方的な見方、対策を紹介しましょう。
さて、同書によると、どうやら昔の夏バテ現代の夏バテは異なっているとのこと。
現代の夏バテは、昔の夏バテである「高温多湿の環境で食欲がなくなり、冷たい飲みものや食べもので胃腸の機能が低下」した状態に、「冷房による室内外の温度差のストレス」が加わった状態なのです。
胃腸の問題だけでなく、自律神経の働きの乱れが大きな要素になっている分、ちょっとやっかい。また、胃腸が弱い人は、現代型の夏バテを起こしやすいとされ、より注意が必要です。

夏バテは「暑邪」が引き起こす

ところで、“暑気あたり”とも言われている夏バテ。
漢方では、夏の暑さを「暑邪(しょじゃ)」と呼び、カラダに入り込むと、体内に熱がたまって、カラダがほてる、息苦しい、微熱が出るといった症状を引き起こすと考えられています。
そして、この暑邪から身を守ることが、夏バテを予防する大事なポイントに。
特に気を付けたいのは、「胃腸の冷え」です。
暑いからといって、冷たいものばかりを摂ると胃が冷えてしまいます。その結果、胃の機能が低下して、食欲不振や胃もたれ、腹痛、下痢などの症状が起こってきます。人によっては、お腹がガスで張る、胃の不快感、げっぷや吐き気といった症状が現れることもあるようです。

KAMPO的夏バテ対策4か条

胃腸の冷え」を防止するには、まず食生活での工夫を。
まずは温かい食べものや飲みものを摂ることを意識しましょう。コショウやトウガラシなどの香辛料が入ったスパイシーな料理や、ハーブティーなどは夏に元気をつけてくれます。
一方、夏バテで胃が弱っているときにスタミナをつけようとして、揚げものや肉類などを食べすぎると、消化が追いつかず胃腸への負担が増すので要注意です。
生活面では、シャワーでさっとすませたい時期ですが、低めの湯温(40度ぐらい)の入浴をすると、冷えを解消し、夏のカラダの疲れをとってくれます。
水分補給をしながら、適度な運動をすることもよいそうです。

KAMPO的夏バテ対策4か条

~KAMPO的夏バテ対策4か条~

香辛料が入ったスパイシーな料理や、温かいハーブティーを摂る

揚げものや肉類などの食べすぎに注意する

低めの湯温(40度ぐらい)での入浴をする

水分補給をしながら、適度な運動をする

症状からその人に合った処方が決まる

夏バテの味方に漢方薬

こうした夏バテ対策をとってみても、なかなか元気にならない――。
そんなときに強い味方となってくれるのが、漢方薬かもしれません。
お腹の症状や食欲があるかどうか、めまいやふらつき、だるさがとれない、胃がもたれる、手足が冷えるといった、さまざまな症状から、その人にあった漢方薬が決まります。
夏は特にカラダに気を付ける時期。秋の体調に影響を及ぼさないためにも、日々の過ごし方すなわち養生と(つらいときには)漢方薬で、上手に夏を乗り切りたいところです。

<参照>

「わが家の漢方百科」(東海大学医学部教授 新井信/東海大学医学部附属大磯病院 髙士将典)
http://www.kampo-view.com/books.html

<悩み別漢方>

胃もたれ
http://www.kampo-view.com/nayami/motare01.html
食欲不振
http://www.kampo-view.com/nayami/syokuyoku01.html
冷え症
http://www.kampo-view.com/nayami/hieshou01.html
疲労
http://www.kampo-view.com/nayami/hirou01.html