メニュー

常備で安心!厳選ハーブティー3種

常備で安心!厳選ハーブティー3種

体調を崩しそうだなと感じたら、カラダを暖かくして早く寝ること!

加えてオススメなのが、今回のテーマであるハーブティー
なんとなくカラダに良さそうなイメージのハーブティーですが、その利点を知っている方は多くないのでは…?

多くの種類がありますが、じつは少しの工夫で体調のケアができる「ハーブティー」もあるので、常備しておくと安心です。

今回は、薬剤師である筆者が、常備しておくと便利なハーブティーを厳選して3つ紹介します。

風邪かな?免疫が下がったと思ったら…

エキナセアジンジャーをプラス!

風邪かな?免疫が下がったと思ったら…エキナセアにジンジャーをプラス!

風邪の原因は、カラダの免疫が低下してウイルスに負けてしまうこと。
少しでも風邪っぽいな、と感じた時に最適なのが「エキナセア」というハーブです。

じつは「エキナセア」は、免疫力を上げ、さらに抗菌・抗ウイルス作用のあるハーブとして知られています。免疫力が落ちている時には、エキナセアのハーブティーを飲むようにしましょう。

そして、さらに効果を高めるために、「ジンジャー(生姜)」をプラスすることをオススメします。
生姜は、生と加熱したもので成分が少し変わりますが、特に生の生姜は、免疫力アップ、抗菌作用があるので風邪対策にはぴったりです。
チューブタイプの生姜なども、一緒に常備しておくと良いでしょう。

目の疲れ、頭が重いと感じたら…

菊花茶クコの実をプラス!

目の疲れ、頭が重いと感じたら…菊花茶にクコの実をプラス!

菊の花は「キクカ」、クコの実は「クコシ」という生薬として漢方薬の原料にもなります。

菊花茶は、中国では有名ですが、日本ではなかなか目にすることがないかもしれません。
しかし、慢性的な目の疲れや頭重感を感じやすい現代人にとっては、じつに汎用的なハーブティーのひとつではないでしょうか。
気になる味も、癖がなく、飲みやすいのでオススメです。

そして、さらにその効果を高めるために、クコの実をプラスします。
クコの実は、乾燥した状態で売られているので保存も便利です。お茶に5粒くらい散りばめて一緒に食べてみましょう。

食べ過ぎ・飲み過ぎたと思ったら…

フェンネルクミンシードをプラス!

食べ過ぎ・飲み過ぎたと思ったら…フェンネルにクミンシードをプラス!

じつはフェンネルは、別名、「茴香(ウイキョウ)」と呼ばれ、漢方薬の原料のひとつです。
茴香には、消化器官の働きを整え、血行を促進してカラダを温める働きなどがあり、プラスするクミンシードにも同様の働きがあります。

ティーポットにそれぞれ小さじ2杯ずつ入れ、熱湯をそそぎ、10分くらい蒸らしたら完成です。

あまり飲むことのないハーブティーかもしれませんが、毎日手軽に摂り入れられるのでオススメです。

何よりもお茶は、保存が簡単です。スーパーなどで見かけたら、今すぐに必要が無かったとしても、試しに買っておくといざという時に便利です。

こちらも参考に!

悩み別漢方「風邪」
https://www.kampo-view.com/nayami/kaze01.html

生薬辞典「生姜(ショウキョウ)」
https://www.kampo-view.com/jiten/syouyaku/syouyaku-sa/s-sa016.html

生薬辞典「菊花(キクカ)」
https://www.kampo-view.com/jiten/syouyaku/syouyaku-ka/s-ka010.html

生薬辞典「茴香(ウイキョウ)」
https://www.kampo-view.com/jiten/syouyaku/syouyaku-a/s-a005.html