メニュー

乾燥の季節到来!長引く咳の原因と対策を解説

乾燥の季節到来!長引く咳の原因と対策を解説

夏が終わり、秋になると徐々に気になってくるのが“乾燥”です。
喉が弱い人にとっては、夏以上に空調管理や体調管理に気を配る季節です。また、この本格的な乾燥のシーズンが来る前からすでに喉を痛めていたり、咳が長引いているとさらに気分も落ち込みます。

今回は、薬剤師である筆者が、この時期の咳の原因と対策について解説します。

秋に咳が出やすい理由

秋は、一年の中でも空気がカラッとしていて過ごしやすい季節ですが、乾燥により喉の粘膜を痛めてしまうこともあります。
この粘膜が弱まると、刺激に敏感になったり、炎症を起こしやすくなってしまいます。
また、秋は乾燥以外にも、さまざまなものが飛散するので喉のケアには注意が必要です。

ウイルス

秋に咳が出やすい理由:ウイルス

風邪の時に咳が出るのは、ウイルスが鼻から上気道に入り込んで感染し、炎症を起こすのが原因です。(風邪の原因となるウイルスは、ライノウイルスやアデノウイルス、RSウイルスなど200種類以上もあると言われています。)
また、乾燥している環境だと、ウイルスは水分量が低下するため、空気中に長時間浮遊することが可能となり、さらに風に乗って遠くまで運ばれやすくなるので、飛散量は増加してしまいます。
したがって、鼻や喉からウイルスを吸い込む機会が増え、感染しやすくなってしまうのです。

─ ウイルス対策 ─

大切なのは、こまめな水分補給です。
水分を摂ることで、喉に付着したウイルスを洗い流すことができます。ちなみにウイルスが体内に入ってしまっても、胃酸が死滅させるので問題はありません。
また、水分補給は喉の粘膜の乾燥を防ぐだけでなく、ウイルスの付着も予防してくれます。
適量の水分を、30分に1回程度摂ることがおすすめです。

ダニ

秋に咳が出やすい理由:ダニ

秋は、一年を通して最もダニによるアレルギー症状が増える季節と言われています。
もちろん花粉症も注意しなければなりませんが、粒子が小さいダニの死骸やフンなども、咳の原因になりやすいのです。(ダニの死骸やフンは、空気中を舞いやすく、吸い込むと気管支まで到達しやすい)
また、梅雨から夏にかけて増殖したダニは、秋の環境により大量に死骸となります。
その結果、さまざまな部位にかゆみを感じたり、アレルギー性の咳が起こりやすくなります。

─ ダニ対策 ─

ダニが一番好む場所は“布団”です。また、ダニは繊維などに引っかかりやすい爪、50度以上の高温で死滅するという特徴があります。
つまり、ダニの死骸やフンは洗濯や天日干し、掃除機で除去できますが、この方法だと“生きているダニ”の除去は難しいと言えるでしょう。

生きているダニを除去するには、やはり“高温”がカギとなりますので、その方法を紹介します。

  1. コインランドリーの乾燥機を使う(家庭用と違い約60度近くまで上昇)
  2. 炎天下の車内で布団を干す(真夏日の車内温度は約75度まで上昇)
  3. ダニ退治機能を要した布団乾燥機を使う

そして忘れてはいけないのが、高温にした後、掃除機で死骸やフンを吸い取ることです。

涼しくなると部屋の換気がおざなりになり、室内にダニの死骸やフンが溜まりやすくなるため、3か月に1度は布団を加熱し、週に1度は掃除機をかけると十分に予防できると思います。

咳の原因はさまざま、症状に応じて漢方薬も有効

夏バテの味方に漢方薬

咳の原因は、多岐にわたります。
その際、「いつから続いているのか、どんなときに出やすいのか、痰を伴うのか」など、“どんなタイプの咳”か、という情報が不可欠です。

例えば、風邪の後に長引いている咳だと、漢方薬を用いるのも有効です。
漢方の考え方において、風邪後の長引く咳は、カラダから水分が奪われている状態の「水毒(すいどく)」が起きているとされています。
そこで、漢方薬の働きとして、カラダの内側から水(すい)のバランスを整えて、気道を潤すことで、咳を出にくくします。

ただし、既述のように咳の原因はさまざまなので、服用する場合は、漢方に詳しい医師または薬剤師に相談して、処方してもらうようにしましょう。

喉の風邪やアレルギーは長期化しやすいです。
咳をしていると、ツライだけではなく周りの人にも迷惑をかけてしまいます。
事前の準備と対策をしていきましょう。

こちらも参考に!

漢方を知ろう「私に合う漢方薬の見つけ方」
https://www.kampo-view.com/shirou/order.html

悩み別漢方「咳」
https://www.kampo-view.com/nayami/seki01.html

悩み別漢方「アレルギー性鼻炎・花粉症」
https://www.kampo-view.com/nayami/kafun01.html