メニュー

痛風は“痛い”だけじゃない!深刻な病気につながる恐れも…

痛風は“痛い”だけじゃない!深刻な病気につながる恐れも…

「痛風」という病名の由来は、「風に吹かれただけでも痛むから」とされています。
ところが、名前は聞いたことがあるけど、どんな病気かよく知らないという人も多いようです。

痛風持ちの人の会話では、頻繁に食事制限についての話題になります。
「あん肝を食べたらダメだな…」
「最初の一杯のビールは諦めよう…」など。
ところが、このような食べ物の制限は序の口で、痛風はその痛みの先に、深刻な病気につながってしまうこともあるのです。

そこで今回は、薬剤師である筆者が、痛風について解説します。

痛風の原因は「尿酸」

痛風の原因は「尿酸」

痛風は、体内でつくられる「尿酸」が作用するものなので、まずはこの尿酸について説明します。

尿酸は、食べ物に含まれていたり、カラダでつくられるプリン体(プリン環という構造式をもつ物質の総称)が代謝されたものです。
尿酸は腎臓から排泄されますが、うまく排泄されないとそのまま増加し、血清尿酸値が7.0mg/dlを超えるときに結晶化して、足の指先や関節、腎臓などに炎症を引き起こします。
この時に感じる激しい痛みが痛風です。

尿酸は、食事や体質、年齢、ストレスなどさまざまな原因で体内に溜まってしまいます。
ところが、女性の場合、エストロゲン(女性ホルモン)が尿酸を排泄する働きをもつため、閉経までは発症率が低いと考えられています。
なので、女性よりも男性、特に20代以上の人に発症しやすいとされています。

尿酸がたまりやすいタイプとは

尿酸がたまりやすいタイプとは

では、どのような人が尿酸がたまりやすいのか、具体的にみていきましょう。

肥満タイプ

肥満体質の場合、尿酸の排泄機能が低下します。
また、肥満の原因となる甘い飲食物や動物性の食材も尿酸を増やします。

偏食タイプ

お酒をよく飲む人は注意です。
ビールを気にしている人も多いですが、蒸留酒だとしてもアルコールは代謝される過程で尿酸となります。
また、食べ物では、あん肝や白子、ウニ、レバー、明太子などが有名ですが、煮干しにもプリン体が多く含まれています。例えば、煮干しのスープなど動物性タンパク質から取った出汁にもプリン体は多いので、ラーメンでスープを飲み干してしまう人などは注意が必要です。

他にも、腎機能が低下している人は、尿酸がうまく排泄できないため、体内の尿酸が増えてしまいます。また、脱水気味になっているときにも尿酸値が上がりますので、水分をこまめに取る意識が大切です。

痛風からつながる病気に注意

痛風の状態を放置していると、高血圧や高脂血症、糖尿病、尿路結石、肥満などの病気につながる可能性があります。さらに悪化すると、腎不全や心筋梗塞、脳梗塞など重篤な病気に発展することもあります。
このように、痛風は多くの生活習慣病と密接な関係にあるので、早い段階で生活習慣の改善(食事内容や睡眠、適度な運動など)を行うようにしましょう。

急性期(症状が急に現れる時期)は、西洋薬の服用が必要です。
その後、尿酸値が安定してきた場合や、少し症状が和らいできたときには、肥満症の改善などで「漢方薬」を用いることもあります。
いずれにしても、食事の見直しや根本的な体質改善が重要なカギとなりますので、尿酸値は高いけども痛風にはなっていない人は、特に気をつけていきましょう。