メニュー

乾燥の季節に始まる肌荒れとその対策

乾燥の季節に始まる肌荒れとその対策

環境の変化で進む「乾燥肌」

冷たく乾いた外気に、エアコンの暖房…この季節に注意したいのが「乾燥肌」です。
肌の乾燥といえば、小じわやカサつきで化粧のノリが悪いなど、どうしても美容面に目が向きがちですが、影響はそれだけではありません。

肌には、ホコリやウイルスなどをはじめとする、外からの病原体や刺激物が体内に侵入しないようにする、“バリア機能”が備わっていますが、肌が乾燥するとそのバリア機能が低下してしまうため、病原体や刺激物が入り込みやすくなります。
それが、赤み(炎症)やかゆみの原因となり、集中力の低下やイライラ、不眠などにつながることもあります。

さらに今年は、マスクによる肌ダメージで、乾燥が進む可能性も…
早めに対策を始めた方がよいかもしれません。

乾燥肌のしくみって?

そもそも、乾燥肌とはどのような状態なのでしょうか。

わたしたちの肌(皮膚)は、「表皮」、「真皮」、「皮下組織」という3層で成り立っています。
普段“肌”と呼んでいるのは表皮にあたる部分で、ここにバリア機能がある角質層があります。

角質層は角質細胞からできていて、細胞内にはアミノ酸や尿酸などでできた潤いのもと「天然保湿因子(NMF)」が存在しています。また、角質細胞の間は、セラミドやコレステロールなどでできた潤い成分「細胞間脂質」で満たされています。

本来は、このNMFと細胞間脂質が肌からの水分蒸発を防いでくれていますが、こうした潤い成分が減って角質層にすき間が生まれたのが、乾燥肌。そのすき間から水分が蒸発することで、乾燥がさらに進むという悪循環に陥ります。

乾燥肌のしくみって?

保湿ケアで大事なこととは

先述した悪循環を断つには、日々の保湿ケアが欠かせません。
保湿ケアとは、スキンケア用品に含まれる保湿成分を用いた肌の手入れのこと。

保湿成分には、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、グリセリンなどの“肌の表面に水分を溜めるもの”と、セラミドやワセリンなどの“水分の蒸発を抑えるもの”があります。

大事なのは、これらを正しい順番で使うこと。

最初に“水分を溜めるもの”を使って肌の表面に水分を補充し、その上から“蒸発を抑えるもの”でフタをする。これで効果的に潤いが保てるとされています。

全身の乾燥を予防する保湿ケアは、風呂上がりが効果的。
ただし、そのタイミングが重要で、入浴後10分以内にケアを済ませることが望ましいことがわかっています。

乾燥してかゆみが強い湿疹や皮膚炎には漢方も

漢方入門!漢方薬の名前に隠された秘密を解説

年を重ねると、この肌の潤い成分を閉じ込める機能も低下していきます。
そういう状態のときに起こりやすいのが、乾燥による皮膚のかゆみや皮膚炎です。
冬の乾いた外気と皮脂の欠乏、発汗の低下などが合わさって生じる皮膚の症状で、かゆみが強いのが特徴です。

この皮膚のかゆみや湿疹、皮膚炎などには、外用薬とともに、黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)消風散(ショウフウサン)当帰飲子(トウキインシ)六味地黄丸(ロクミジオウガン)牛車腎気丸(ゴシャジンキガン)真武湯(シンブトウ)などの漢方薬が用いられます。
それぞれ、皮膚の症状に加え、睡眠障害、精神不安など合わせ持つ症状や、体格、表情などをもとに、その人に適した漢方薬が処方されます。

保湿ケアをしても乾燥による肌荒れや、乾燥によるかゆみが続くような場合は、一度、皮膚科などで相談することをお勧めします。なお、漢方薬は医薬品ですので自己判断で選ぶのではなく、医師の診察や薬剤師に相談のうえ、服用するようにしましょう。

こちらも参考に!

悩み別漢方「皮膚掻痒症(ひふそうようしょう)・かゆみ」
https://www.kampo-view.com/nayami/hifusouyou01.html