キレイ・ゲンキ・ハッピーをずっと Kampo View

漢方ビュー通信

鼻づまりが気になったら、鼻水の特徴をチェックしましょう

鼻づまりが気になったら、鼻水の特徴をチェックしましょう

鼻づまりや鼻水、くしゃみなどの鼻にまつわる不調は、気温の変化や季節の変化などによって起こりやすくなります。
他にも、目が充血したり、かゆみが起こったり、くしゃみが止まらなかったり、カラダが冷えやすくなったりと付随する症状もあるかもしれません。

耳鼻科系の不調は長引くことが多いので、長期間、抗生物質を服用したり、眠気を伴う薬を服用し続けたりすることになってしまう場合も…

そこで今回は、薬剤師である筆者が、鼻の不調の中でも特に多いとされる「鼻づまり」について解説します。

鼻づまりのさまざまな原因

鼻づまりのさまざまな原因

鼻づまりの原因として、アレルゲン(花粉やハウスダストなど)気温差などが挙げられます。
特にアレルゲンが原因の場合、鼻の粘膜に張り巡る毛細血管が炎症を起こし、腫れが生じて通りが悪くなり、鼻づまりを感じるようになります。

他には、副鼻腔炎による鼻づまりもあります。
これは、鼻に侵入した細菌によって、黄色い粘性のある鼻水が鼻や目のくぼみなどに溜まります。鼻づまり以外にも、頭痛や咳などの症状がみられるようになります。

さらに、鼻の形状が原因になることもあります。
鼻の粘膜にポリープができたり、鼻から喉へつながるアデノイドという部分が腫れたり、ケガや生まれつき鼻が曲がっていたりすることで鼻づまりを感じることがあります。

鼻水の特徴から適した漢方薬を

漢方薬

鼻づまりの治療法として、西洋医学的には点鼻薬や内服薬、さらに手術などがあります。
そして、漢方医学的には主に漢方薬を用いますが、鼻水の色や粘性などをみて使い分けるのが一般的です。
例えば、くしゃみが出て、水っぽい鼻水が出るときには「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」、ネバネバした黄色い鼻水のときには「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」というように使い分けます。
ですから、漢方薬で鼻づまりを改善したいときには、漢方を得意とする医師や薬剤師に鼻水の特徴を伝えるとよいでしょう。

一方、鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみなどのアレルギー症状の治療に用いられる西洋薬には、副作用として眠気を伴う場合がありますので、服用する際は十分に気をつけてください。
ちなみに、漢方薬では眠くなりにくいとされていますが、不安でしたら服用する前にしっかりと確認しておくことをおすすめします。

漢方医学には、症状そのものを抑える治療と、体質を改善して病気になりにくいカラダを作る治療があります。その時の自分の体調に合わせて治療方法は異なりますので、診察時にしっかり伝えましょう。
慢性的な鼻炎だったり、花粉症やハウスダストなどで鼻づまりに悩む人は、治療方法の選択肢のひとつとして、漢方薬を頭の中に入れてみてはいかがでしょうか。

こちらも参考に!

漢方に詳しい病院・医師検索サイト紹介
https://www.kampo-view.com/search.html

医療用漢方製剤はお近くの医療機関で処方してもらうこともできます。
ご自身の症状で気になることがありましたら、一度かかりつけ医にご相談ください。
(すべての医師がこの診療方法を行うとは限りません。一般的な診療だけで終える場合もあります。)

Aug 27 2021

薬剤師・大久保 愛

関連コンテンツ